「北欧」という言葉を知らなかった頃から

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

「北欧」という言葉の響きだけで…… 

ローゼンタール〈魔笛〉をデザインしたのは、デンマーク
コペンハーゲン出身のビョルン・ビンブラッドです。

 

彼はデンマーク一国にとどまることなく
世界中で仕事をしたアーティストでしたが
出身は北欧です。

 

「北欧」、この言葉は私にとっては何とも
不思議な懐かしい思いを抱かせる言葉なのです。
もちろん、一度も行ったことないのですが。

 

 

トーベ・ヤンソン「小さなトロールと大きな洪水」

 

 

 

トーベ・ヤンソンの「楽しいムーミン一家

小学生の頃は、トーベ・ヤンソンの書いた
「楽しいミーミン一家」をはじめ
ムーミンシリーズが大好きな女の子でした。

 

トーベ・ヤンソンはフィンランド、ヘルシンキ出身の、
スウェーデン系フィンランド人の画家であり、小説家。

 

トーベ・ヤンソンの書いた「彫刻家の娘」
という本を読んだことがあります。

 

 

imgres1

 

 

かなり前に読んだものでうろ覚えなのですがそこには
何年かの間、トーベ・ヤンソンは無人島で一人で
暮らしていたと書かれていて驚いたものでした。

 

そしてこれもかなり前のことですが、日本でも
彼女のムーミンシリーズをアニメ化した
「ムーミン」が放映されていました。

 

そのムーミンもそれなりに可愛かったのですが
やはりトーベ・ヤンソンのムーミンたちとは、
少しイメージが違っていたようにも思います。

 

 

 

 

 

アストリッド・リンドグレーン
「長くつ下のピッピ」

もう一つ大好きだったのが、「長靴下ピッピ」。
こちらはアストリッド・リンドグレーン。

 

彼女はスウェーデン人です。
「長くつ下のピッピ」は彼女の娘の
カーリンのためにつくられたお話だそうです。

 

アストリッド・リンドグレーンは日本では
さほど有名ではないようですがスウェーデンでは
国民的作家。

 

彼女の作品をもとにしたテーマパークが
いくつかあるといいます。

 

また、リンドグレーンは子どもの権利や
動物の権利の擁護者でも知られ、あらゆる虐待に
反対の立場を表明している作家でもあります。

 

 

jpeg1

 

 

 

 なぜか北欧のものが好き

私は小学生の時に、これらの本が好きだった、という
程度の「好き」ではなく、好きなお話は「ムーミン」
と「長くつ下のピッピ」が最も好きという惚れ込みよう。

 

これらが両方とも北欧の小説家の作品だということを
当時の私はどの程度理解していたのか
今考えてみるとあやふやな気もします。

 

おバカな私が、2つの国の位置関係を
詳しくわかっていたとは思えませんし。
「北欧」、という言葉すら知っていたか疑問です。

 

 

imgres-11(Kaigo-Web)

 

 

 

チーズの皮ほどの太陽

北欧についての正確な情報など全くなかったに
違いないのですが、そのような知識とは別に
心に深く残っていることがあります。

 

白夜というものがあり、それが終わる頃に
待ちに待った太陽がでてくる(本当は、太陽がでるから
白夜が終わるのですが)ということ。

 

太陽が出る季節になり、その初日に現れる時は
「ほんのチーズの皮位しか太陽が現れない」
というような意味の文章を目にした時の感動。

 

 

 

 

その時に、全身に電流が走ったといいましょうか、
うわ~っという衝撃を受けたことを
今でも鮮やかに覚えています。

 

チーズの皮ほどの太陽……、見たこともない
その光景を、それを待ちわびる白夜の日々を
私は胸を熱くして想像しました。

 

そんなに大好きな北欧なのですけど
残念ながら私は北欧に行ったことがありません。
多分、一生行けないと思うのですが
でも、できることなら行って見たいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す