「腐った肉」の匂いのする花

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

PHT0200086000000

 

 

 

「花」といえば、その美しい姿に心が和まない人
はいないでしょうが、目で見ることはできない
その香りもまた魅力的なものです。

 

バラやキンモクセイ、クチナシなどなど、名前を
聞くだけでその芳しい香りがすぐに思い出されます。

 

ですが一方、蓮のように香りがすぐに
イメージできないものもありますね。
蓮の花は、少なくとも年に数回は見ていながら。

 

ロータスや今が盛りのキンモクセイなどは
エッセンシャルオイル(精油)を
採取するのが難しい花だそうです。

 

もっともエッセンシャルオイルというのは、
それが本物だったとしても(紛い物もかなりあるという
ことです)実際の花の香りと少し違うようにも感じます。

 

私たちが実際のお花を見て思わず近づいて嗅ぐ香りと、
お花を沢山沢山集めて香りを抽出したものとは、
違って感じられるのも当たり前かもしれません。

 

また「良い香り」という感じ方も、
かなり個人差がありますよね。

 

リラックスにはラベンダーといわれるあの香りも
、私は実は苦手です。
花の色は大好きなのですが。

 

あの花の姿に香りが似あっていないようにも……、
なんて勝手なことを言ったら、ラベンダーが困りますよね。

 

お花の香りといえばかぐわしいもの、と思いがちですが
「腐った肉」の匂いのする花もあるそうです。
数日前に、お友達の家で咲きました。

 

一年前に買い求め、「腐った匂い」のする花って、
どんな匂いなのだろうと待っていたら、本当に臭かったと。

 

腐った肉というか、腐った魚、腐敗したゴミ……と
臭いものの代名詞のような匂いだったそうです。

 

それも夜は匂いが少なく、朝になると強烈になるのは、
その匂いで虫を呼び寄せるためなのでしょうね。
メキシコの花で、濃い紫というか黒っぽい花でした。

 

お花の匂いにも、いろいろあるのですね。
来年は絶対に、ロータスの香りを嗅いで、
皆さんにお知らせしましょうね!




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください