ローゼンタール〈魔笛〉 最初は絶対「ゴルード」がおすすめ! 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130210jurubure

 

ローゼンタール〈 魔笛 〉は〈 ゴールド 〉と〈 ホワイト 〉、
両方ともとっても素敵です。

 

でも、最初にお求めになるとしたら、絶対、絶対、
ゴールドをおすすめします。

 

私は食器といわず室内のインテリアといわず、
着るものから持ち物まで、何から何まで、
本当は白一色でいたいほど、白が大好きです。
白一色の食器を集めたこともあります。

 

しかしそんな「白」好きの私が、ローゼンタールの
〈 魔笛 〉を初めて見た時は、白一色で揃えようとは、
はなから思いもしませんでした。

 

それほどローゼンタール〈 魔笛 〉の
〈ゴールド〉は素晴らしかったのです!

 

もちろん、〈 ホワイト 〉も素敵です。
でも〈 ゴールド 〉、本名〈 ザラストロ 〉は…..、
その素晴らしさを言葉で表現することはできないほどです。

 

121202toraya

 

〈 ゴールド 〉で統一するのは、本当に豪華で素敵ですね。

 

〈 ゴールド 〉と〈 ホワイト 〉を合わせるのも、とても
おしゃれです。

 

でも〈 ホワイト 〉のみというのは、あまりおすすめはいたしません。

 

140920rosenthalmatekimomiji

 

〈 ゴールド 〉はどれもが白い部分を含んでますので、
〈 ゴールド 〉のみでも美しさは完璧です。
ゴールドが重たくなりすぎることはありません。

 

しかし〈 ホワイト 〉のみですと、その美しさが普通の
白い食器の美しさに、とどまりかねないのです。

 

本来の、ローゼンタール〈 魔笛ホワイト 〉の真価が、
発揮できないとでも申しましょうか。

 

〈 ホワイト 〉の食器たちの中に〈 ゴールド 〉が入ると、
一瞬にして世界が変わるのは、不思議としかいいようが
ありません。

 

121225putipurin

 

〈 ホワイト 〉のみですと、これはこれで美しく可憐で清楚な
豪華さを感じるものの、まだうつむいているかのような状態。

 

そこに〈 ゴールド 〉が加わると、たちまち類い稀なる美しい
ハーモ二ィが響き始めるのです。

 

うつむいていた〈 ホワイト 〉が、そう数日前にブログに書いた
「10月の蓮」のように、凛とした気品で輝き始めるのを、
あなたは御覧になることができるでしょう。

 

 

〈 ゴールド 〉と〈 ホワイト 〉の比率はあなたのお好みで。

 

1:1でなくても、1:2でも1:3でも、それはもう
あなたの美意識で、ご自由にアレンジを……。
とても楽しいですよ。

 

また、比率だけではなく、何を〈ゴールド〉して
何を〈 ホワイト 〉にするか、と考えると、もう組み合わせは
数限りなくあります。

 

ぜひ、あなただけのローゼンタール〈 魔笛 〉の世界を
つくりあげてくださいませ。

 

そしてあなたの美意識が醸し出した「あなただけの
ローゼンタール〈 魔笛 〉のハーモ二ィ」を教えくださいね!

 

 

141209rosenthalmagicfkuteteapot

 

ローゼンタール〈 魔笛シリーズ 〉の、〈 ゴールド 〉と
〈 ホワイト 〉は、またとない組み合わせ。

 

〈 ホワイト 〉は寂しがりやさんなので、一人では
いたくないのかな?

 

最初に一つだけお求めになるとしたら、絶対にゴールドを!

 

130522budou

 




スポンサードリンク



コメントを残す