ローゼンタール〈魔笛〉 最初は絶対「ゴルード」がおすすめ! 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130210jurubure

 

 

〈魔笛〉「ゴールド」

ローゼンタール〈 魔笛 〉は「ゴールド 」と
「 ホワイト 」の2つのタイプがありますが
両方ともとっても素敵です。

 

でも、最初にお求めになるとしたら
絶対、絶対、ゴールドをおすすめします。

 

私は食器といわず室内のインテリアといわず、
着るものから持ち物まで、何から何まで、
本当は白一色でいたいほど、白が大好き。
白一色の食器を集めたこともありました。

 

しかしそんな「白」好きの私が、ローゼンタールの
〈 魔笛 〉を初めて見た時は、白一色で揃えようとは
はなから思いもしませんでした。

 

それほどローゼンタール〈 魔笛 〉の
「ゴールド」が素晴らしかったのです。

 

もちろん「ホワイト」も素敵ですよ。
でも「ゴールド」(本名は「ザラストロ」ですが)は
その素晴らしさを言葉で表現することはできないほど。

 

 

121202toraya

 

 

そんなローゼンタール〈魔笛〉を「ゴールド」で
統一するのは、本当に豪華で素敵ですね。

 

また「ゴールド」と「ホワイト」を合わせるのも
とてもおしゃれなもの。

 

でも「ホワイト」のみというのは
あまりおすすめはいたしません。

 

 

140920rosenthalmatekimomiji

 

 

「ゴールド」と聞くとあまりに金色がかった
派手すぎるものを想像されるかもしれませんが
実際は、どれもが白い部分を含んでいます。

 

その白い部分がゴールドの輝きを一層、引き立
てている「 ゴールド」の美しさは完璧です。

 

しかし「ホワイト」のみですと、その美しさは
普通の白い食器の美しさに、とどまりかねません。
(白一色の食器も美しいものではありますが)

 

「ホワイト」の食器たちの中に「ゴールド」が入ると
一瞬にして世界が変わるのは、本当に不思議なほど。

 

 

121225putipurin

 

 

ローゼンタール〈魔笛〉の「ホワイト」のみですと
それなりに美しく可憐で清楚な豪華さを感じるものの
これはまだうつむいているかのような状態ですが、

 

そこに「ゴールド」が加わるやいなや、たちまち
類い稀なる美しいハーモ二ィが響き始めるのです。

 

うつむいていた「ホワイト」が、そうちょうど数日前に
ブログに書いた「10月の蓮」のように、凛とした気品で
輝き始めるのを御覧になることができるでしょう。

 

 

 

「ゴールド」と「ホワイト」の比率はあなたのお好みで

そしてその組み合わせ方ですが、1:1でなくても、
1:2でも1:3でも、それはもうあなたの美意識で
ご自由にアレンジをなさってくださいね。
とても楽しいですよ。

 

また、比率だけではなく、何を「ゴールド」して
何を「ホワイト」にするか、と考えると
もう組み合わせは数限りなくあります。

 

ぜひ、あなただけのローゼンタール〈 魔笛 〉の
世界をつくりあげてくださいませ。

 

そしてあなたの美意識が醸し出した
「あなただけのローゼンタール〈 魔笛 〉のハーモ二ィ」
を教えくださいね!

 

 

141209rosenthalmagicfkuteteapot

 

 

ローゼンタール〈 魔笛シリーズ 〉の「ゴールド」と
「ホワイト」は、またとない組み合わせ。

 

「ホワイト」は寂しがりやさんなので
一人ではいたくないのでしょうか?

 

もしあなたが最初に一つだけお求めに
なるとしたら、絶対にゴールドを!

 

 

130522budou

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.