落としても絶対に割れない食器(!)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

glass_side2-300x201                   (写真)/「工芸日々」

 

昨日、食器を割ってしまいました。
ローゼンタールの〈 魔笛 〉ではありませんでしたが。

 

割らないように注意しようといつも思うのですが……。
でも私は、形あるものはいつかは壊れる、とも思っていますので
そんなには気にしません。

 

飛び散った破片の回収の方が、ずっと気になります。
勿論、何らかの理由で二度と手に入らないものであったら
ちょっとは残念がるかもしれませんが。

 

この感覚は「モノを大切にしないで粗末に扱う」という
こととは違うと自分では思っています。

 

大切だからといってしまい込んでいるよりは、
例え割ってしまうことがあっても、頻繁に使ったほうが
自分も楽しいし、食器自身も喜ぶ(?)のではないかなぁ、
と私は勝手に思っています。

 

良いものだからと棚の上の方で冬眠させてしまうより、
良い食器こそ、手の届く所に置いて
常に親しんでいるほうが絶対にいい。

 

万が一、壊れてしまったとしても、普通の家庭には
国宝級のものがあるわけでもないでしょう?
切腹する必要もありませんよ。

 

 

sglass_bottom_2-300x201        金で繕ったガラス器(写真/「工芸日々」

 

以前友達に聞いたのですが、プラスチィックでもなく
見た目は、ごく普通の陶器なのですが、頑丈で
割れない食器を買ったことがあるそうです。

 

レジで精算する時に、係の女性が、
「この食器は丈夫なのよ。落としても割れないの。」と、
実際にバッシンと床に投げたといいます!

 

アメリカでのことです。
私はその話を聞いて「ええ~っ」と驚きながら、内心思いました。

 

もし、そういいながら見事に割れちゃったら、
彼女はどんな顔をしたのかな、と意地悪なことをね。
ぐふふっ。

 

もちろん、割れなかったそうですが。
何で出来ているんでしょうね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す