マニマニ君のこと

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12.9.24.nasi

 

 

梨の季節も、もうそろそろ終わりですね。
随分前のことですが、梨のワインをいただいたことがあります。

 

以前、マニマニ君という小学生に、ピアノを教えていた
ことがあったのですが、彼が大きくなってから、
持ってきてくれたのです。

 

その時に、梨のワインがあることを、初めて知りました。
マニマニ君のおうちの周辺は梨の栽培で有名なところです。

 

その時のマニマニ君は、大学受験に失敗したとかで、
お母様からお電話をいただきました。

 

「伺っても良いでしょうか」と。
もちろん、大歓迎です。

 

 

140130shanpan

 

 

最初、私はマニマニ君のお兄さんにピアノを教えていたのですが
次にマニマニ君、妹のYちゃん、そしてお母さん、と5人家族の
お父さん以外の4人にレッスンをさせていただきました。

 

途中から出稽古で、おうちに伺うようになったのですが
レッスンが終わるとお父様も参加して、皆でお茶を頂きながら
おしゃべりをしたものです。

 

今考えると教えるとは名ばかりで、本当は私が
いろいろと教えて頂き、楽しい時を与えてもらっていたのです。
本当に心から感謝をしています。

 

お父様は高校の国語の先生で、それこそ
いろいろなことを教えてくださいました。

 

マニマニ君のお兄さんはもちろん、
マニマニ君も私にいろいろと教えてくれたのです。

 

京都の龍安寺の読み方が「りゅうあん」ではなく
「りょうあん」だとか、鹿脅しは「ししおどし」と
読むんだよとか……。

 

 

お父様が国語の先生だけあって、いろいろ詳しいのです。
修学旅行で龍安寺に行っていながら読み方もわからない私も私
ですが、そんなこんなを教えてもらって恥ずかしい
というよりはただただ楽しかったものです。

 

ですからマニマニ君というあだ名も
「このたびは 幣も取りあへず 手向(たむけ)山
紅葉(もみぢ)の錦 神のまにまに 」
の「まにまに」から来ています。

 

といっても私の中だけのあだ名で、彼自身は知りません。

 

 

140703donperignon

 

 

マニマニ君は梨のワインを持ってきてくれたその日、
かなり遅くまでおしゃべりをしていました。

 

受験の失敗は、私にはさほど苦にしているようには
見えませんでした。
恋人ではないけどガールフレンドがいるんだよ、と話してくれたり。

 

マニマニ君が帰った後、私はふっと、思ったのです。
彼は何を言いたかったのだろうと。

 

別に、何でもないおしゃべりだけをしにきてくれるのも
大歓迎ですが、私にはそうとは思えなかったからです。

 

 

141209rosenthalmagicfluteteacup

 

 

その答えは、何年も経った今でもわかりません。
ただ、もしかしたらと思うことに、その後思い当たりました。

 

それがあたっているか否かは、わかりませんが。
マニマニ君のお兄さんは、現在に至るまで、
毎年お年賀状を送ってくれています。

 

ですがマニマニ君からは、
あれから何の音沙汰もありません。

 

マニマニ君、元気ですか?
あの時、何が言いたかったのかなぁ……。
わかってあげられなくて、本当にごめんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す