消えた青虫

「あぷりのお茶会」へようこそ!
23032229

 

2ヶ月ほど前の9月半ばに、
ちぃっちゃなクチナシの鉢を買いました。

 

9月ですので花の時期は終わって、葉っぱだけでした。
私が好きなのはオオヤエクチナシですが、この鉢は
コクチナシのようです。

 

私はクチナシが、花の中で一番というほど好きです。
オオヤエクチナシの花の形と香りと白い色、全てが。

 

クチナシは、うちの小さなベランダで
機嫌良く過ごしてくれているようでした。

 

クチナシがうちにきて、一週間か二週間くらい経った頃でしょうか、
葉っぱの先が虫食いになっていました。

 

それも、新しい緑色の薄い柔らかい葉ほど、食べられています。
犯人は、青虫でした。

 

買ってくる前から枝にタマゴが産みつけられていたか、
あるいはうちに来てからなのかはわかりません。

 

いずれにしても、青虫はムシャムシャ食べて、スクスク育ち、
クチナシはボロボロになりつつありました。

 

数日後、これではいけないと、虫除けにいいという
ニームのパウダーを根元にまいてみました。

 

しかし翌日も、翌々日も、青虫は元気で逃げることなく
ムシャムシャしています。

 

秘密兵器のニームがダメとなると、もう私には打つ手がなく
棒の先に青虫をつけて、隣のオモトの葉に移してみまました。

 

その作業を終えて部屋に入って、しばらくたってからのことです。
青虫が気になりだしました。

 

絵本の「はらぺこアオムシ」なんぞを思い出しました。
そういえば、はらぺこアオムシのぬいぐるみも、
そう食器もあったなあ……、なんて。

 

ベランダに出てみると、アオムシはまだ私が置いた
オモトの葉の上にいました。

 

私は、オモトの葉の上にいる青虫に、また棒を差し出してみました。
するとアオムシは沢山の脚をゴニョゴニョしてを棒に捕まったので、
オモトからまたクチナシへと、引っ越しをさせました。

 

まあ、クチナシの木についている葉っぱの全部は
食べ尽くさないでしょう、と。

 

それから一週間以上経ちました。
ここ数日、アオムシ君の姿が見えません。

 

蝶々になった気配も感じられないのですが、もしかしたら
鳥に食べられてしまったのかもしれません。

 

もしそうだったら、残念だなぁ、蝶々になって
ほしかったのにぃ……。
(一度は退治をしようと、ニームの粉をまいたのは誰だっ!)。




スポンサードリンク



コメントを残す