モーツァルトのお墓

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

500_21492940ウィーン中央墓地(写真/「ウィーン旅行」
中央はモーツァルトの記念碑
左はベートーベン、右はシューベルトのお墓

ローゼンタール〈魔笛〉専門店 Apri(アプリ)のページで、
モーツァルトのお墓のことを書きました。

 

現在、モーツァルトのお墓といわれるものは、ウィーンの
中央墓地とセント・マルクス墓地にありますが、

 

両方共いわゆる記念碑のようなもので、そこにモーツァルトが
埋葬されているわけではありません。

 

その2カ所にモーツァルトが埋葬されていないというよりは、
彼の埋葬された場所は、現在わかってはいないのです。

 

当時は、ペストによる死者が多く、共同墓穴の中に投げ入れる
ように葬られた人が多かったといいます。
モーツァルトもそのように葬られたのではないかということです。

 

それでも当初は、大体の位置くらいは
わかっていたのでしょうが、現在では全くわかりません。

 

私の外国旅行は、大学の恩師に連れていったいただいた、
ヨーロッパ旅行が最初でした。

 

出発の3ヶ月前になって母が死亡したので、
一度は飛行機のチケットをキャンセルしていただいたりも
したのですが、結局、行くことになりました。

 

その時に、ウィーンの中央墓地にも行きました。
M田先生が花束を買ってくださって、
弟子たち3人でお墓に手向けました。

 

一人2つずつで、私はシューベルトともう一人は
誰のお墓だったか忘れてしまったのですが、
モーツァルトでなかったことは覚えています。

 

それが誰だったかなんて、全く考えてもいなかったのですが、
今日、ブラームスを聴いていて突然思い出しました。
ブラームスでした。

 

私がお花を手向けたもう一人の作曲家は、
ブラームスだったのです。

 

何度もブラームスを聴いていて全く思い出さなかったのに、
今日突然思い出したというのは、今日のブラームスが、
一緒に旅行に行った人の演奏によるものだったからでしょうか。

 

演奏中に、その時のことをふっと思い出したのです。
彼女は旅行の後にドイツに留学し、今はオーストラリアの
オーケストラに所属し、現在日本公演で来日しています。

 

その私の初めての旅行に行く前は、彼女を知りませんでしたが
一緒に旅行に行ってからは、彼女は私の大切な友人になりました。

 

M田先生は私を海外旅行に連れて行ってくださっただけではなく、
生涯の友に引き合わせてもくれたのです。

 

しかし、そのことの有り難さを実感する前の、旅行の半年後に、
恩師はガンでお亡くなりに……。

 

母の死から一年も経っていない真冬でした。
M田先生のお葬式で、沢山の知り合いと会いました。
皮肉な悲しい再会でした。

 

旅行はヨーロッパで仕事をしているM田先生のお弟子さんを
訪ねる旅でもありました。
連れて行っていただいたのは、私を含め3人。

 

ですが、最初は3人ではなく、4人だったのです。
しかし、出発してまだそんなに日も経っていない時に、
先生はそのうちの一人を帰らせました。

 

私たちから見ると、途中で帰されるほどのことが
あったとは思えないのですが。
初めて見る厳しい先生の顔でした。

 

一ヶ月以上に渡る旅行中、
「ここからは自由行動で、◯日後、パリのあのホテルに集合」
のようなことが2、3度あったでしょうか。

 

一緒に行った二人はともかく、私は全くどこの国の言葉も
話せないので、今考えると結構無謀な……、とも思いますが。

 

演奏会の本番直前のリハーサルを
「ゲネプロ(ゲネラルプローベ)」といいます。

人生によく旅に例えられますが、あの旅行を、
江戸っ子の先生はこんな風に思っていらしたのかもしれません。

 

「お前さんはこれから一人で生きていくんだよ。
この旅行はそのためのゲネプロなんだからね」と。

 

私はあれから、そして現在、ゲネプロを生かした
生き方が出来ているでしょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す