「ひぐれさと」(?)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

bashamiti           (写真/「馬車道商店街」

 

こんなことをmちゃんがツイッターで
つぶやいていました。

 

「伯母さんが横浜からタクシーに乗って
『馬車道に』と行き先を言うのだが、
タクシーの運転手さんに伝わらなかった。

 

伯母さんは
『ばしゃどう、ばしゃどう』
と言っていたらしい」

 

私は、思わず「ええっ?」と驚きました。
でも、考えてみればそうかも……。

 

土地の名前も、子どもが言葉を覚える時と同じで、
耳から入るのが最初なんですよね。

 

耳で音を覚えていて、いつの間にその漢字を見て、
知らず知らずのうちに頭の中でイコールになっている。

 

だから「ばしゃどう」じゃなくて「ばしゃみち」に
決まっている、と思うのは音から入った人の言うこと。

 

「うまぐるま」でなく「ばしゃ」と読むのなら、
次は「どう」と来てもおかしくありませんよね。

 

そんなことを考えていたら、
学生時代のI村君のことを思い出しました。

 

彼は、一昨日の「モーツァルトのお墓」の
M田先生の弟子の一人です。

 

何を話していた時だか忘れてしまいましたが、
多分漢字の読み方か地名のことでも話していたのでしょう。

 

彼が言いました。

「オレ、最初『ひぐれさと』って読むのかと思ったよ。」と
言いました。

 

「日暮里(にっぽり)」駅のことです。

 

私は「まさか!」と。
いつも冗談ばかり言っているI村君のことですので
また笑わそうとしているのかとも思いました。

 

彼は福岡出身です。
そういわれてみれば、「にっぽり」と読むのは
変な読み方です。

 

最初から音で聞いているから、何とも思いませんが、
あらためて見てみると、私も初めてだったら
読めないかもしれないなぁと。

 

ローゼンタール〈魔笛〉ショップのお店番をしている、
あぷりが通っていた病院の近くも、面白い駅名が
並んでいたんですよ。

 

初めてその病院に行った時は、駅名を見て
本当に驚きましたから。

 

病院があるのは「藤沢本町」という駅なのですが
その手前に「善行」とか「六会日大前」という
駅名が続いているのです。

 

読めますか?
私は勿論、読めませんでした。

 

お近くの方は当然お分かりでしょうが
最初の「善行」が「ぜんぎょう」と読み、
次の「六会日大前」が「むつあいにちだいまえ」。
「むつあい」なんですよ、面白いでしょう?

 

現在、ホットスポットで大変な思いをなさっている、
千葉県の我孫子(あびこ)なども読むのは難しいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す