引っ越しに連れてきた食器たち

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130225akapuri670

 
昨年、ちっちゃなちっちゃな部屋に越してきました。
それまでも勿論、そんなに大きくはありませんが、
今度は本当にワンルームです。

 

ですから、今まで集めた食器類を、泣く泣く処分しました。
今まではキッチンに食器棚が2つあったのですが、
今度は食器棚0、食器棚がないんです。

 

キッチンの引き出し等に、ちょこちょこ収納です。
キッチンは独立していないで、ぜ~んぶがワンルームにあり、
一瞬で部屋中が見えてしまうという、何ともわかりやすい
部屋なのです。

 

キッチンといっても、シンクと2口コンロがあるだけの、
幅はわずか一間しかないもの。

 

そのシンク等の上下に、僅かな収納スペースがあるだけ
がキッチンの全てです。

 

まるで、学生時代に戻ったようです。
でも学生時代よりは、まだましかな。

 

学生時代は、今の半分の半間しかありませんでしたから。
半間って、本当に狭いんですよ。

 

アンティックの古伊万里や漆器、ウェッジウッドのセット等……。
これらのもの全てが好きで集めたものなのですが、ほとんどものを
持ってくることができませんでした。

 

以前書いた、日本のメーカーで海外輸出用だという
プレーンなホワイト地に、極細いプラチナのラインがあるセット

 

これは今回の引っ越しのかなり前に、
未使用のまま全て人に譲ってしまいました。

 

飽きてしまったのではなく、今でも好きです。
でも単に「好き」というレベルで家においておいたら、
食器棚どころか家中が食器で埋まってしまうでしょう。

 

やはり「どうにもこうにも好き(?)」というレベルで
なければ、引っ越しに持ってくることができません。

 

よくよく考えて、本当に良いものだけを家に入れること、
「単に好きで買うことの禁止」令を発令しました(!)。

 

ローゼンタール〈魔笛〉の食器は、1993年に出会って
買ったことは以前書きました。

 

が、その間、そして現在も全く飽きることがありません。
かなり個性的ですが、やはり良いものは飽きるどころか
見るたびに本当に「いいなあ」と思うのです。

 

ローゼンタール〈魔笛〉を、これから少しずつ、
増やしていきたいと思っています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す