日本で初めてローゼンタール〈魔笛〉専門店「アプリ」を作った理由

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140312monburan450

 

 

日本で見かけることの少ない〈魔笛〉

今日は私が日本で初めての、ローゼンタール〈魔笛〉専門
「 Apri(アプリ)」をつくった理由をお話ししましょうね。

 

その理由は、「ローゼンタールが生み出した名品中の名品」
とまで謳われるローゼンタール〈魔笛〉の専門店が、
なぜ日本にはないのだろうか、と思ったことが始まりです。

 

専門店というだけではありません。
ローゼンタール〈魔笛〉を扱っているお店自体が
本当に少ないことを、私は不思議に思っていました。

 

少し前に高島屋もローゼンタール〈魔笛〉の
取り扱いをやめてしまいましたしね。

 

ということは、日本人にはローゼンタールの〈魔笛〉が
好まれないのでしょうか?

 

私自身はそう考えてはいません。
もちろん、万人向きとはいえないかもしれませんが
それはどの食器であっても同じこと。

 

確かに個性的ではありますので
好き嫌いはあるかもしれませんね。

 

ですが、好き嫌いを言う前に、ローゼンタール〈魔笛〉を
見たことすらない日本人が多くいるのではないかと。

 

 

150428louvretoraya

 

 

 

優れたものは洋の東西を問わず魅力的

前に「輸出食器のふしぎ」でも書きましたが、日本の
食器メーカーが、日本での販売をすることを予定していない
海外輸出用としてだけの製品を作っているという事実。

 

その食器は日本では宣伝をすることはもちろん
日本の市場に出回ることもないのです。

 

これらを思いあわせると、やはり好みが日本人向け、
欧米向けとちがうのかなぁ……と釈然とはしないものの
私は漠然と思って過ごしてきました。

 

ローゼンタール〈魔笛〉に
初めて出会ってから、20年近くが過ぎました。

 

しかし未だに実店舗にあるものといえば
せいぜいカップ&ソーサーとケーキ皿程度。

 

当ショップ「Apri(アプリ)」で取り扱っている商品の
全部は勿論、半分も、三分の一も、いえ五分の一さえ
置いている実店舗はないでしょう。

 

結局、カップやケーキ皿以外の〈魔笛〉の製品は
海外から取り寄せることになるのです。

 

取り寄せる時間を待っていただけるのでしたら
当ショップ「Apri(アプリ)」が直輸入をすれば
よりリーズナブルにお手元にお届けすることができます。

 

 

20130419201850ceb

 

 

 

外国旅行は身軽に楽しみましょう

今年の始めでした。
ロンドンから友人が、里帰りをした時のことです。

 

彼女は、ローゼンタール〈魔笛〉を買って日本に帰ると
楽しそうに話していた日本人の話をしてくれました。

 

私は思わず嬉しくなって聞きました。
「女の人?」と。
答えは男性でしたが、何ともいえない親しみを感じました。

 

私も陶磁器が好きですので、外国旅行に行った時に
買ってこよう、とはよく思います。

 

よく思いはしますが、実行したことは一度もありません。
陶磁器という、かさばる上に壊れるものを持ち歩くのは
やはりできることなら避けたいですしね。

 

 

150528rosentjalmagicflute

 

 

 

〈魔笛〉は「アプリ」がお届けしましょう

日本にはまだローゼンタール〈魔笛〉の素晴らしさが、
という以前に、ローゼンタール〈魔笛〉そのものの存在が
あまり知られていないのではないかと私は思っています。

 

こんなに素晴らしいものを、美意識の高い日本人が
愛さないはずはないと思うのです。

 

今まであまり知られることのなかった、この素晴らしい
ローゼンタール〈魔笛〉を、当ショップ「Apri (アプリ)」が
皆様のお手元にお届けできますように!

 

 

150622kurimanju

 




スポンサードリンク



コメントを残す