詐欺メール!?  「本物」「ニセモノ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120703jan

 

 

ネット上のポストとしてのブログ

今日は、昨日少しだけ触れた変なお手紙の話です。
そのお手紙が来たのは引っ越してまもない頃。
プロバイダの契約前でしたのでパソコンは家で
できずにカフェでしていた時のことでした。

 

その当時,私はVOX.comにブログを持っていました。
Vox.はその直後の昨年9月にブログサービスをやめて
しまったので、現在はそのブログはありません。

 

ブログといっても更新どころか、ほとんど何も
書いていないといっていいほどのもので、いわば
ネット上のポストのためだけに作っていたものです。

 

 

 

 

私は20年以上、日本の子どもの権利に関することで
活動をしていますが、私たちのグループは
自分たちのサイトを持っていませんでした。

 

似たような活動をしているグループはそれぞれサイトが
ありましたが、私たちのグループにはネットに詳しい人
がおらずサイトがないままできてしまっていたのです。

 

講演等の依頼のために連絡をとりたいと思った方が
ネットで探しても、私たちのグループを見つける
ことができずに連絡をとれないのが現状でした。

 

 

 

 

結局、そのような方は、私たちのグループと似たような
運動をしている団体にコンタクトし、そこから私のもと
に連絡が届くということが、過去に何度かありました。

 

そのたび、他のグループは快く取り次いでくれました
が、なるべくならそのような迷惑を避けたいと思い
独自のサイトを作ることにしたのです。

 

ですから必ずしも内容のあるブログでなくても
単にネット上での連絡口、ポストがわりにさえ
なればよいというつもりで作ったブログでした。

 

 

 

 

 

ポストに届いた英文のみのメール

内容といえば、ほんの2行だけしか書いていない
ブログで、いくら何でもそれだけではあまりに
ひどいのでは、というようなつくりのサイト。

 

ではありましたが、そのようなサイトであっても
私に連絡ととりたいと思ってくださる人には
それだけで伝わる内容でもあったのです。

 

ある時、そのブログにメールがきました。
メールは全部英語で書かれていて、英語の
わからない私には内容が理解できませんでした。

 

 

 

 

私にもわずかにわかる単語を拾っていきますと
次のようなことが書いてあるようです。
題名は「ギフト」だったと記憶しています。

 

「私(ドイツ女性の◯◯さん)は、オーストラリア人
の男性と結婚したが彼はすでに亡くなり、
今は自分も病気である。
夫の遺産があるのだが、夫の親族が
それを自分たちの自由にしようとしている。
私は、日本であなたに△△基金を作って
もらいたいので是非、連絡してください」

 

 

 

 

 

詐欺メールとは思いつつも……

というような内容だったと思います。
まあ、当然詐欺メールだと思いましたよ。

 

メールによれば、なぜ彼女が子どものための基金を
作ってほしいと願っているのかといいますと
「自分は赤ちゃんの時に孤児院の前に捨てられたから」
ということでした。

 

笑っちゃいますが、今思えば私はここで
ぐっときてしまったのですね。
これで落ちたのでしょう、きっと。

 

 

 

 

仮に、理由はそうだとしても基金を作ってほしいと
いうのが彼女の母国のドイツや、現在暮らしている
オーストラリアではなく、なぜ日本なのか?

 

と疑問が湧くのが当然ですが、実はこれがまた……。
長年、私が関わってきた運動ですが、この分野が
世界で一番遅れているのが日本だったのです。

 

この事実に関してはほとんどの日本人は知りませんが
その分野に詳しい人でしたら、当然のことながら
外国の人でも詳しい方は御存知のこと。

 

 

 

 

 

もし、病気の〇〇さんが実存していたら

だから彼女は、世界でも遅れている日本で基金を作って
ほしいというのだろうか?、などと深読みをしたりして。
私は自分に都合の良いように考えたのかもしれません。

 

私に英語の知識がないことが、そのメールの
うさんくささを一層わからなくもさせていました。
これは、よくあるという詐欺メールなのでしょう。

 

と思う一方、万が一本当に、敵だという夫の親族に
囲まれている病気の◯◯さんが実際に存在していたら……
という胸騒ぎを止めることができませんでした。

 

 

130228baro

 

 

私は知り合いにメールを送り
これは詐欺メールでしょうか?
と聞いてみることにしました。

 

家でまだパソコンができなかったその当時
毎日、お世話になっていた家の近くのカフェ
は、夜の9時になると閉まってしまいます。

 

仕方なくその晩は、カフェの閉店後は
家からちょっと離れたネットカフェに移動し
そこからお尋ねメールの送りました。

 

 

 

 

 

いつになく怖い声の電話

翌日のお昼頃のこと、携帯が鳴りました。
昨日の件をお願いした人からのものです。

 

第一声から、いつもとは違う声のトーンでした。
これほど明らかな詐欺メールについて、わざわざ
聞いてくること自体に驚き、またあきれもした様子。

 

99,9パーセントか、もっと9がついていたか
忘れてしまいましたが、とにかくその高確率で
これは詐欺メールだ、と彼は断言しました。

 

 

blog_import_5153649e53246

 

 

今回のような内容の他には、殺された小国の大統領夫人の
バージョン等、この手の詐欺メールには数種類のパターン
があると、マスコミで働く彼は説明してくれました。

 

私は久しぶりに話した彼に初めて怒られたことに
少々めげもし、またわずかの残念さを感じながらも
内心ホッとしたことを覚えています。

 

夫の親族に囲まれて病気で苦しんでいる
◯◯さんは、存在しなかったのだ、と。

 

 

 

 

 

2度目のメール

それから3日ほど経った頃でしょうか、
その詐欺メールの続伸が来ました。

 

オーストラリアで結婚生活を送っていた
病気のドイツ人女性の〇〇さんは
現在、イギリスの病院にいるようです(!)。

 

「イギリスの××病院に入院して、手術を待っている。
ドクター△△に電話をしてくれたら私につないで
くれるので、連絡してほしい」

 

という内容のもので、病院のリンクと共に
ドクター△△の電話番号が書いてありました。

 

 

 

 

以前と違って、私はもう余裕です。
病気の◯◯さんがいないとわかった以上は
何も心配することはありませんからね。

 

今回のメールはオーストラリアからではなく
イギリスからというのが、少々不自然ですね。

 

でもまあこれは、良い病院がイギリスにある
のでということで一応、説明はつきます。
ですが、病院のサイトがリンクしてあるのには
さすがに笑ってしまいましたが。

 

 

12.7.18.ora

 

 

 

 Vox.と共に去った詐欺メール

詐欺メールの受信という、この一連の流れを
初めて体験してみた私は、何とも不思議な
思いにとらわれもしました。

 

もし彼らが、この詐欺で成功するとしたら
どこで、どのようになる筋書きだったのでしょう?
どの時点で、どのような理由で私にお金を振り込ませ
ようと考えていたのかがわかりません。

 

それ以後、メールは送ってこなかったのですが
同時にvox.のブログサービスも終了してしまった
ために、私のブログ自体もなくなってしまいました。

 

 

 

 

このような詐欺メールに限らず、世の中には
いろいろな種類の詐欺があまたありますが、
そのようなことを聞く時に私はいつも思うのです。

 

いろいろと筋書きをねり、あれこれ工作して
不安を抱えながら、一生懸命(?)に詐欺をする。

 

そして例え成功したとしても、またそれが
いつ発覚するか、逮捕されるのでは、と思いながら
暮らすなんて、割にあわないのではないか?、と。

 

 

130421janporu

 

 

そんなふうにずっと思ってきたのですが
最近は、ちょっと考えが変わりました。
そのような人たちというのは、

 

「ハラハラドキドキ状態が『好き』という表現とも
違うのでしょうが、結果的にそういう状態に
なるように自分を追い込むことをしてしまう」

 

というのが近いのかなぁ、と現在では思っています。
何故そのように思うようになったかについては
また別の機会にお話しできるといいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.