詐欺メール?  「本物」「ニセモノ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120703jan

 

 

 

昨日お話しした変なお手紙というのは、引っ越してまだ
WiMAXにする前の、家でパソコンが出来ずにカフェで
パソコンをしていた時に来ました。

 

その当時,私はVOX.comにブログを持っていました。
Vox.はその直後の昨年9月にブログサービスをやめて
しまったので、現在はそのブログはありませんが。

 

ブログといっても更新どころか、ほとんど何も書いていない
もので、いわばネット上のポストのために作ったものです。

 

私は日本の子どもの権利に関することで活動をしています。
似たような活動をしているグループは、それぞれみんな
サイト等を持っているのですが、私たちのグループには
それがありませんでした。

 

どなたかが私に連絡をしたいと思った時にネットで探しても
見つからず、結局、似たようなグループに連絡を託し、そこ
から私のもとに連絡が届くことが、過去に何度かありました。

 

内容のあるブログでなくても、単にネットでの連絡口、
ポストがわりにさえなればよいというつもりで作った
ブログでした。
ですから内容といっても、ほんの2行だけしか
書いていないブログでした。

 

それでも私に連絡したいと思う人には
それだけで伝わる内容でもありました。

 

 

130421berugamotto4

 

 

そのブログにメールが来たのです。
全部英語でした。
私は全く英語がわからないので、内容が理解できません。

 

わずかにわかる単語を拾っていくと
次のようなことが書いてあるように思えました。
題名は「ギフト」だったと思います。

 

ドイツ女性の◯◯さんは、オーストラリア人の男性と結婚
したが彼はすでに亡くなり、自分も今は病気である。
夫の遺産があるのだが、夫の親族がそれを自分たちの自由に
しようとしている。
私はあなたに△△基金を作ってもらいたいので、連絡が欲しい。

 

というような内容だったとおもいます。
まあ、当然詐欺メールだと思いました。

 

彼女が何故、子どものために基金を作ってほしいのか
といいますと、
「自分は赤ちゃんの時に孤児院の前に捨てられたからだ」と。

 

(笑っちゃいますが、私はここでぐっときてしまいました。
ここで落ちたのですね、きっと)

 

 

130228makoron

 

 

それでは何故ドイツやオーストラリアではなく
日本で基金をつくってほしいのかということなのですが
これが……。

 

私が関わっている運動というのは、
世界中で一番遅れているのが日本なのです。

 

日本人でも知らない人がほとんどですが
外国の人でも関心のある人は知っています(当たり前ですが)。

 

だから彼女は、世界でも遅れている日本で基金を作って
ほしいというのだろうか?、などと深読みといいますか、
私は自分に都合の良いように考えていたのでしょう。

 

 

130307kinou

 

 

実はその活動とは別に、私は5,6年前から
別のNPOにも関わっていたのですが
そこでは資金が足りなくて活動が立ち往生をしている
状態でもありました。

 

英語がわからないということが
うさんくささを一層わからなくもさせていました。

 

よくある詐欺メールだとは思うけど、

万が一本当に、敵だという夫の親族に囲まれている
病気の◯◯さんが実際に存在していたら

……との胸騒ぎを止めることができませんでした。

 

 

130228baro

 

 

私は知り合いにメールを送り
これは詐欺メールでしょうか?
と聞いてみることにしました。

 

家でまだパソコンができなかったその当時
いつもお世話になっていたカフェは
夜9時で閉まってしまいます。

 

そこでその後はネットカフェに移動して
そこからお尋ねメールを送信をしました。
翌日のお昼頃でした。
携帯が鳴りました。
昨日の件をお願いした人からのものでした。

 

第一声から、いつもと違う声の色でした。
こんな明らかな詐欺メールについて、わざわざ聞いてくる
こと自体に驚きもし、またあきれもしたのでしょう。

 

99,9か、もっと9がついたか覚えていませんが
とにかくその割合で詐欺メールだということでした。

 

殺された小国の大統領夫人のバージョン等、
このての詐欺メールのパターンがいくつかあるのだそう。

 

私は少しの残念さを感じながらも、ホッとしました。
夫の親族に囲まれて病気で苦しんでいる◯◯さんは、
存在しなかったのだ、と。

 

 

blog_import_5153649e53246

 

 

それから3日ほど経った頃、またメールが来ました。

 

「イギリスの××病院に入院して、手術を待っている。
ドクター△△に電話をしてくれたら私につないで
くれるので、連絡してほしい」

 

と、病院のリンクと、ドクター△△のものという
電話番号が書いてありました。

 

私はもう、余裕です。
病気の◯◯さんがいないとわかった以上は
何も心配することはありません。

 

今回のメールは、オーストラリアからではなく
イギリスということでしたが、まあこれは良い病院が
イギリスにあるということで説明はつきます。

 

病院のサイトがリンクしてあるのには
さすがに笑ってしまいましたが。

 

 

12.7.18.ora

 

 

でも、彼らがもしこの詐欺が成功するとしたら
どこでどうなる筋書きなんでしょうね。
私は不思議にも思いました。

 

それ以後は、メールを送ってこなくなりました。
同時にvox.のブログサービスも終了してしまったために
私のブログ自体もなくなりました。

 

これに限らず、いろいろな詐欺はあまたありますが、
そのようなことを聞く時に私はいつも思うのです。

 

いろいろと筋書きをねり、あれこれ工作して、
不安を感じながら詐欺をする。

 

そしてそれが、たとえ成功したとしてもまた、
いつ発覚するか、逮捕されるかと思いながら暮らすのは
割にあわないのではないかと。

 

 

130421janporu

 

 

私はそんなふうにずっと思ってきたのですが
最近は、ちょっと考えが変わりました。

 

そのような人たちは

「ハラハラドキドキ状態が好きというわけではないので
しょうが、結果的にそういう状態になるように自分を
追い込むことをしてしまう」

というのが近いのかなぁ、と思います。

 

何故そのように思うようになったかは
また別の機会にお話しできるといいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す