忘れられないお茶碗

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 
PHT0200200000000

「赤楽茶碗 銘熟柿」本阿弥光悦
17世紀前半 江戸時代
(写真/「サントリー美術館」

 

 

 

忘れられないお茶碗

もう今はうちにはないのですが
忘れることができないお抹茶茶碗がありました。

 

お抹茶茶碗といっても、練習用のお茶碗ですので
高価なものではありません。

 

そのお茶碗が忘れられない理由というのは
「好きだったから」ではなくて、反対に
「あまり好きではなくなったから」なのです。

 

 

 

気に入って買ったものなのに

自分で選んで買ったものなのですから、
購入時は気にいらなかったわけではありません。

 

クリーム色の地に桜と紅葉が優しく描かれている
清水焼のものでした。

 

ちょっといいなぁ……このお値段だし、
普段使いに惜しげがなくていいかも、と。

 

最初のうちこそ、それなりに使用していましたが、
時間が少し経つにつれ飽きがきました。
PHT0200086000000

「色絵桜楓文透鉢」仁阿弥道八(二代目 高橋道八)
19世紀 江戸時代(写真/「サントリー美術館」

 

 

 

始末に持て余し……

それならば奥にしまって使わないようにすれば
いいのかもしれませんが、

 

私は好きでないものを家に置いておくことが苦手です。

 

といいながら、壊れていないものを
捨てるのも罪悪感を感じます。

 

また、どなたかに差し上げるほどの品でもなし……と、
私は飽きてしまった食器の扱いに困っていました。

 

 

 

多分、割れたのでしょう 

正直なところ、私はこの食器がどうして現在
うちにないのかという、本当のことを覚えてはいません。

 

私はよく食器を壊しますので
多分、そのうちに割ってしまったのでしょう。

 

そしておそらくは、その時にホッとしたのかも。
そんな自分の感情を嫌だと思う気持ちがあって
覚えていないのかもしれないとも思います。

 

 

PHT0200194000000

「銹絵染付松樹文茶碗」尾形乾山
18世紀 江戸時代前半
(写真/「サントリー美術館」

 

 

 

ちょっと良い程度では

自分が好きで買っておきながら扱い困り
こわれてホッとするなんて。

 

なんということでしょう!
食器に対して、本当に申し訳ないです、可哀想です。

 

「ちょっといい」くらいの気持ちでは
私のような人間は食器に限らず、モノを持ってはいけない
のだと、現在ははっきりと自覚しました。

 

そんな風に疎まれるようになってしまう品物に対しても、
その気持ちに罪悪感を感じずにすむ私自身のためにも。

 

 

 

そして現在は……

本当に良いもの、好きなものだけと
一緒に暮らしたいと思います。

 

そんな経験をしたせいか、現在は無駄のない
必要なものだけとの暮らしを楽しんでいます。

 

となればいいのですが…….。

 

大きな声では言えませんが、実はいるんです。
……、大きいお皿が、一枚。

 




スポンサードリンク



コメントを残す