柳家小三治親子

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130317mouri

 

 

やっと小三治

今日は小三治の話をちょっと……。
それで、今回の落語関係話(?)を終えます。

 

実は今日の昼間、思い出したのです、ずっと昔のことを。
小三治が、黒柳徹子の「徹子の部屋」に
ゲスト出演した時の話です。

 

その日私は仕事で出かけたので、小三治が出演した「徹子の部屋」
の番組の、最初の数分間しか見ることができませんでした、

 

そこで母に、「この続きをあとで教えてね」
と頼んで外出してしまいました。
そして帰って来て、母から聞いのか今日のお話です。

 

 

130617youseninsimoyasiki370

 

 

 

カエルを可愛がる男の子

小三治の子どもがまだ、ちっちゃかった時のこと。
3人のお子さんのいる小三治の、一番下の男の子は当時幼稚園児。

 

その男の子が、ベランダでカエルを飼っていたそうです。
その子はカエルを大事そうに手に乗せて、

 

「かわいい、かわいい」
と、とても可愛がっていたということです。

 

 

130312tubaki

 

 

 

「補習授業に出るか?」

その彼が通っている幼稚園で、ある時、時間外の補習授業をするので
それを希望するか否かを保護者に問うお知らせが来ました。

 

小三治はその子に聞いてみました。
すると、そのカエルを買っている男の子は補習に参加しない
というので、小三治はその通りの返事を幼稚園にしました。

 

すると、再び連絡が来たのです。
「補習に出席しないのはお宅のお子さんだけで、彼以外のクラス
全員の子どもは参加するという返事ですがどうしましょうか?」と。

 

そこで小三治は、またその子に問います。
「他の子は全部出るんだってよ。どうする?」と。

 

しかし、その子は、それでも参加しないというので
また、その旨を小三治は幼稚園に連絡したということでした。

 

 

130617youzeninjikkaityou

 

 

素敵な親子

たったこれだけの話なのです。

 

ですが私は、何ともいえないほわ~んとした、
でもきっちり筋の通った話に感動しました。
さすが小三治親子だわい!、と。

 

今は(といっても、結構昔の話なのですが、その当時でも充分に)
小さいうちからお勉強、お勉強と、親子共々しゃかりきに
なっていることが多いものです。

 

幼稚園からそんな連絡が来たら、子どもには聞かずに当然のように
「出席」に◯をつけて提出してしまう親もいるでしょう。

 

しかし、小三治はそこをちゃんと子どもに聞いてみる、
そして子どもの答えを尊重する。

 

すると、出席しないのがたった一人だったということを案じた園側が
再度連絡をくれるものの、子どもに聞いてみて参加しない返事をする。

 

「お勉強を強要しない」、「子どもも自分の意見をきちんと言える」、
「親が子どもの意見を尊重する」、
「人がみんなするからといって親も子ども流されない」
という親子なのですね。

 

 

 

何ガエルだったでしょうか?

そのカエルがアマガエルだったか、ガマガエルだったか
忘れてしまいました。

 

ですが、私の記憶が作ってしまった話の中では、あまり可愛いとは
思えないガマガエルだったような気もするのです。
(あっ、ガマガエルさん、ごめんなさい)

 

そんなガマガエル(ホンとか!)を「かわいい、かわいい」
と愛でる男の子……。
いいなぁ~。

 

そしてこの話をビデオではなく、母から聞いたということが
私にとってより一層、良い思い出として残ることになりました。

 

子どもがカエルを「かわいい、かわいい」と撫でる仕草を
母が真似ながら話してくれたことが、今でも鮮やかに
私の記憶に残っています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す