携帯のメールアドレス

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_5153650f0d234

 

一昨日歯医者さんに行ったのですが、
その途中の地下鉄の中でのことでした。

 

車内は、そんなにここんでいるというわけではなく、
かといってガラガラでもないといった状態。

 

千代田線のどこかの駅で、制服を着た学校帰りの少女が一人、
電車に乗ってきました。

 

彼女は、一度は私の前を通り過ぎて行ったのですが、
また戻ってきて私の前に立ちました。

 

そして、笑いながら私に「こんにちは」と。
私も「こんにちは」と笑顔で答えました。
何かとてもニコニコして、恥ずかしそうです。

 

 

141209rosenthalmagicfluteteacup

 

 

「どこまで行くんですか?」と彼女が私に聞いたり、
「何年生?」と私が聞いたり、
ポツリポツリという感じで話をしました。

 

彼女は声を出すのが大変そうに見えました。
また、話した言葉自体も、
私にはあまり聞き取れませんでした。

 

しかしそんなことを気にする風もなく、
一生懸命話しています。

 

彼女が高校一年生と聞いて、私は少々驚きました。
身長や体全体の感じから、それより何歳か
年下だと思っていたからです。

 

定期券を出して、私に見せるというよりは、
あたかもそこにはいない人に見せるかの動作をしたり

 

実際には私に言っている言葉なのに、これまたそこにはいない
別の人に話すかのように話したりという仕草の理由は、
恥ずかしさからだったのかもしれません。

 

 

121025kabotya

 

 

途中で私は、彼女が何度か同じ言葉を
繰り返しているのに気がつきました。

 

その時は、彼女は私の隣に座っていたのですが、隣の私の
方を見ずに、正面を見て言っていたので気がつかなかったのです。

 

「~~~、◯◯◯、お願いします」
という、お願いします、という言葉だけがはっきりとわかりました。

 

私の方を見ないでいっている言葉ではありますが、
繰り返しているところをみると、そのお願いは
私に対してのものなのかと思い始めました。

 

最初に言っている、「~~~」の部分は、
私のことを指している、呼びかけの言葉なのだとわかりました。

 

◯◯◯の部分は、携帯メールの類いの言葉に聞こえました。
つまり、私に、携帯のナントカをお願いします、
と言っているのです。

 

 

blog_import_51536628758b8

 

 

私は携帯を出してはいませんでしたが、
バッグの中には入っています。

 

ただ、人には驚かれますが携帯メールはしていません。
彼女が、私に携帯にメールを送ってくれと言っているのか、
メールアドレスを教えてと言っているのかなと思った私は、
彼女に聞いてみました。

 

すると彼女は笑いながら首を振って、否定をするのです。
もし携帯のメールアドレスを教えてと言われたら、
私はどうしたら良いのか、実はちょっと戸惑っていました。

 

私が「携帯メールをしていないからメールアドレスはない」と
答えたとしたら、彼女はおそらく、私が教えたくないために
ウソを言っていると思うでしょう。

 

私はたまたま携帯メールを現在はしていませんが、
もししていたとしたら教えてあげた方が良いのでしょうか?

 

 

150919tounyu

 

 

しかし、私の質問に彼女は2度、
はっきりと笑いながら否定をしました。

 

今考えますと、彼女は恥ずかしいので、
首を振って否定する仕草をしていたのかもしれない
とも思うのですが。

 

そのうち二人が降りる駅に着きました。
私はそのまま駅から出て、
彼女はまた別の線に乗り換えです。

 

私は、すこしの後ろめたさを感じながら彼女にバイバイ、
と手を振りました。

 

彼女も笑顔でバイバイと手を振りました。
笑顔がとても可愛い女の子でした。

 




スポンサードリンク



コメントを残す