立川談春の真打ち襲名披露

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120929aonokosumosubouru

 

 

有楽町マリオンでの真打ち襲名披露

小三治が大好きだった私が、談志一門の落語によく行くように
なった主な理由は、落語友達が談志が好きだったからです。

 

おかげで、立川談春の真打ち襲名披露にも行くことができました。
場所は、有楽町のマリオンだったと思います。

 

談春ももちろんですが、
私は、その日は志らくがめちゃよかったです。

 

私のツボだった部分の、彼の口調は今でも耳に残っているほど。

 

 

141015ringoshuyou

 

 

 

1粒で2度おいしい

私がライブで落語を聞くようになった最初の頃は
どこへでも一人で行っていました。

 

自分の都合に合わせて、聞きたい時に聞きたいところへ行く
ことができるというのも、それはそれで楽しいものでした。

 

それでもやはり、噺を聞いた後に、一緒にああだ、
こうだとおしゃべりが出来るのもまた格別なもの。

 

 

141007usagisanringo

 

 

 

必死で笑いをこらえて

私は、何を隠そう(?)笑い上戸です。
ですから、客席で聞いている時に,笑いをこらえるのが
大変なこともあります。

 

他の方達が笑っている時はいいのですが、私一人だと
下をむいて、くっくっくっと必死で声を押さえています。

 

笑いのない落語もなんですが、あまり笑い過ぎる、
というのも粋じゃないでしょ?

 

 

121123kaki

 

 

 

落語友達って、何て言うのでしょう?

ところでそんな落語友達ですが、落語友達って
略してなんていうんでしょうか?

 

「らく友」?
うさぎさんのお友達は「うさ友」さんですから、らく友さんかな。

 

でも落語研究会は、「落研(おちけん)」ですよね。
となると、「おち友」でしょうか。

 

「おち友」という語感も、結構すごいです。
なんとなく一緒に「アルコール依存症の沼にズブズブ」とか
「非合法のお薬系をするお友達」みたいな感じがしませんか?

 

えっ、そんなことに考えがいっちゃう
私のほうがゆがんでる?

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください