麻布十番(ずっと前から)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150408shabondama

 

 

初めてなのに初めてでないみたい

麻布十番は、私の大好きな街です。
でも麻布十番についてのイメージは、もしかしたら
皆さんと違うかもしれませんね。

 

麻布十番について、多くの人が抱くイメージは
どのようなものでしょうか。
おしゃれな街?

 

たしかにそうではあるののですが
私にとっては,不思議名くらい必要なものがある街。

 

流行の最先端のおしゃれなものではなく
生活の必需品であり、かつだんだん街から
消えつつあるもの、という意味です。

 

ここで麻布といっているのは、麻布十番の、それも
1~3丁目という狭い範囲内のことですが。

 

140416dogokazabu

 

 

手縫いの絹糸

以前私が住んでいた町には、越した当初は
手に入った絹糸が十数年ほどの間になくなりました。

 

閉店してしまったお店はともかく
営業していながら、扱わなくなったというパターン。

 

需要と供給ですから、仕方がないといえば
仕方ないことなのですが。

 

私が個人的に麻布十番の中心地、と呼んでいる
パティオの「ラ・ボエーム」の向かい側に
ひっそりとあるお店にはそれがあります。

 

半世紀前から営業しているのではないか
という佇まいの地味な手芸店「クマイ」

 

 

blog_import_515368a487ac4

ライ麦パン「ポンパドウル」麻布十番店

 

 

その「クマイ」の照明が、3.11の地震の直後に
抑えめになったことがありました。

 

節電モードのさなかに、
「クマイ」に買い物にいった時のことです。

 

「暖房を入れてなくて、すみませんね……」
と「クマイ」のご主人が言いました。

 

「そんなこと、全然いいです。
ただ、このお店をずっと続けてください」と。

 

(追記:残念なことに2014年に「クマイ」は閉店してしまいました)

 

 

blog_import_51535fef6677a

 

 

 

ペンキも!

絹糸だけではありません。
私は五年に一度くらいの割で家中のペンキ塗りを
していました。

 

その時に使うペンキを買っていたお店も
いつのまにかコンビニになってしまいました。

 

スーパーマーケットでには置いてあるものの
扱うサイズが、手のひらに乗るようなものになり
使い物にはなりません。

 

 

130426naniwayaanmitu2

あんみつ 麻布十番「浪花家総本店」

 

 

 

漆塗り製品の塗り替えも

そうそう、五年ほど前には、漆塗りの塗り替えを
お願いしたお店もありました。

 

歩いていて大好きな漆器が目に入ったので
ついお店に入り見ているうちに、そんな話になり
塗り直しをお願いすることに。

 

その他にも、食品やお香の炭、等々
一つずつあげるときりがありませんので
ここらへんでやめましょう。

 

ですが、欲しいものが調達できて便利だから
というだけが、私が麻布十番を好きな理由ではありません。

 

麻布十番は私にとって「魔法の街」なのかも。

 

 

130618kaniazabujuban370

 

ずっと前から

大学をでた直後の頃のこと、
私はしばらく西麻布に通っていたことがありました。

 

その時は麻布十番の駅を利用してではなく、
六本木の駅から歩いていました。

 

それから十数年後、また麻布に通うようになりました。
以前の場所と、2度目に通うようになった場所と
歩いて20分位の距離、と思っていました。

 

ところが引っ越しの時に、ふっと目にしたもので
その2つの場所が、ほぼ同じ場所だと分かったのです。

 

 

130215hina            ひなあられ「豆源」

 

 

 

もっと前から……

そこは、いつも歩いている麻布十番商店街から
ちょっと曲がった数メートル先。

 

建物が変わり、風景が違って見えるものの
そういえばそうでした。

 

だから、初めて来た時から麻布十番が懐かしく
自分の住む街のような気がしたのでしょうか。

 

そうかもしれません。
でも、そうじゃないかもしれません。

 

そんな最近のことではなく
もっともっと昔のことかも。

 

 

130421naniwayataiyakimateki           たいやき 「浪花家総本店」

 

 

麻布には越せなかったけど

こんなに麻布十番に恋いこがれていたのに、
残念ながら越すことは出来ませんでした。

 

一度は、契約をしながらも理由があって解約。
そのことについては、またいつか……。

 

今日で今年も終わりです。
今年はどの方にとっても、生涯忘れられない年に
なってしまいました。

 

来年は全ての人が安心して暮らせる年になりますように!

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください