ドリアンの匂い

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130312monkou

 

 

昨日お話ししたドリアンですが、友人は
匂いが耐えられないと一切口にしませんでした。

 

私は、かなり強烈な匂いだとは思うものの、
果肉を口に出来ないほどではありませんでした。

 

本当においしく、一人で全部頂いてしまいました
(勿論、一度に全部ではありませんが)。

 

ドリアンの匂いが良い匂いだという人はいないでしょうが
匂いの感じ方は人によって違うのは事実です。

 

香水や化粧品のにおいなどで、少々困った経験をした方も
少なくないのではないでしょうか。

 

これは、単純に香りの好き嫌いというだけではなく
香りに慣れてしまって過剰につけてしまう、
という問題も絡んできますが。

 

においは一般に揮発性化学物質で、それが拡散、
あるいは気流にのって空気中を伝わるものです。

 

その物質があまり少な過ぎると人間はそのにおいを
感じとることは出来ません。

 

一定以上の量がある時、人は良いにおい、
あるいは不快なにおいと感じるのですね。

 

しかし、多くの人が良いと感じるにおいであっても
またある閾値を超えると不快なにおいと感じて
しまうのだそうです。

 

十年以上前ですが、友人が言ったことを思い出しました。
彼女は、その頃かなり流行っていた香水の香りが嫌いでした。

 

実は私も同様で、どうしてあの香りが人気があるのか
わからないと二人で話していたものです。

 

彼女が最初にその香水と出会ったのは、
デパートの化粧品売り場だったそうです。

 

思わずつけてしまったのだそうですが、その後、
その香りが気になってどうしようもなくなりました。

 

香りの移っている洋服を着ていられなくなり、
結局新しい洋服を買って着替えたということでした。

 

私にはそのような経験はありませんが、幼い頃から好きでは
ないにおいがすると、車酔いが一気に襲ってくる、
という経験なら数えきれないほどしています。

 

目には見えないにおいが、
人間の心身に与える影響はかなり大きいようです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す