燃え立つ炎のような空

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_515361afc38b5

 

皆さんもそうなのでしょうか?
私は空を見ているのが大好きです。

 

別に何ということはない普通の日でも、
空の表情は刻々と変わっていきます。
雲が流れ、色が変わり……。

 

アトリエ・Apriは窓が一つしかありませんが
それでも日に何度となく見る、というより
見つめてしまいます。

 

夕方の色も美しいのですが、お月様が出るとまた
また、きれいなのです。

 

昨日は満月でした。
お月様友達(?)がメールをくれました。
「今日は16時30分に月が満ちます」と。

 

昼間も夕方も、つい何枚も写真を撮って
しまいました。

 

きっと人が見たら
「ほとんど同じ写真じゃない!」
ってあきれるような写真です。

 

自分でも撮った後で、一生懸命消すのですが、
それでもやはり消せないものが何枚かあります。

 

今日の写真は、去年の夏だったと思います。
みぎぃさんとツイッターで夜中におしゃべりを
していて、ふと外を見ると夜が明け始めていました。

 

空がまだ暗いのですが、東の方の一部だけが
燃え立つような色に染まっていました。

 

思わずツイッターでみぎぃさんに
「すっごい色の空」と書きました。

 

ツイッターをやめて写真を撮ろうとしたのですが
空はみるみる暗さをなくしていきます。

 

この写真は、もうかなり明るくなってしまった時
のものです。




スポンサードリンク



コメントを残す