昨年初めて知りました「ハービー山口」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130504bach
いつどのようにして知ったのかは定かではないのですが、
ハービー山口さんが病気の子ども時代を過ごされた
ということは以前から知っていました。

 

しかし、その原因がなんだったかということについては、
昨年ハービーさんが書いたものを読んで初めて知りました。

 

ハービーさんがお生まれになった時に結核だったお父様は、
お医者さんから
「感染の可能性があるので赤ちゃんを抱っこしないほうが
いいですよ」
といわれていたそうです。

 

それでもお父様は、可愛いハービーさんを抱っこせずには
いられなかったのでしょう。

 

そして2ヶ月後、ハービーさんはカリエスを発症しました。
腰が痛くて立ち上がることも出来ない赤ちゃんを、コルセット
をしてじっとしているだけの子どもを見ているお父様の
気持ちは……。

 

そのお父様はハービーさんがロンドンにいらした32歳の
時に、66歳で亡くなっています。

 

ハービーさんの最初の個展も、御覧になっていないと
いうことです。

 

ハービー山口さんの産まれた時のお名前は「ハービー」さん
ではなく、「芳則」さんです。

 

病気が治った頃に、本名の「芳則」という名前は病気と一緒に
過去のものにして、拾いものの残りの人生を「ハービー山口」
として生きていこうと決めたそうです。

 

その名前に、過去とは真逆な「夢があって、友達がいて、健康で、
笑顔がある人生……」を託したのだとか。

 

「ハービー」という名前は、お友達とバンドをしていた時の
彼のニックネーム。
アメリカのジャズ、フルート奏者「ハービーマン」からきています。
写真を始める時に思ったそうです。
人が、人を好きになる様な写真を撮りたいと。

 

そうすれば社会は少しは優しくなって、僕の様な落ちこぼれの
人間でも生きていける隙間が社会に出来るのではないかと。

 

ハービーさんの優しいまなざしは、子ども時代の全てを
ベッドの上で過ごした悲しさを、人を思う優しさに
変えているからなのでしょう。

 

そう、まなざしといえばここだけの話ですが、
初めて私が出会った頃のハービーさんは、立川談志に
ちょっとだけ似ていました。
現在は違いますが。

 

最後に、ハービーさんがお父様に語りかけている言葉を
御紹介しましょう。

 

「確かに病気になったことで僕は随分みじめな思いをしたけれど、
父さんを一度だって恨んだことなんてなかったよ。
だってね、病気のお陰で、
僕は人の優しい写真が撮れる様になったんだ」

 




スポンサードリンク



コメントを残す