匂いのない世界

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_5153636f60247

 

お菓子にはバニラの香りがつきものですね。
あま~いバニラの香りは、
思わず微笑みたくなってしまう香りです。

 

このバニラの香りを使うダイエットもありました。
そんなに人気があったわけではありませんので
知らない方も多いかもしれません。

 

バニラの香りをつけたものを体に貼っておいて
一日中バニラの香りを嗅いでいるというものでした。
私は一度も試したことがないのですが。

 

そんな嗅覚を利用したダイエットがある一方、
病気や事故により匂いがわからなくなってしまう
こともあるそうです。
これを「嗅覚脱失」といいます。

 

食事だけではなく、ガス漏れや危険な薬品の匂いなども
わからなくなってしまうのですから、本当に大変です。

 

その嗅覚脱失になった人は、
体重が変化する傾向にあるといいます。

 

その体重の変化ですが、どちらに変化すると思いますか。
増えるのでしょうか?、あるいは減ると思いますか?

 

食事に影響を与えている嗅覚が作用しないようになると
食事が今までよりおいしく感じられずに食事量が減り
体重減少を招いてしまうのではないか、と私は思いました。
でも、違うのだそうです。

 

実際は反対で、匂いのない食事に満足感が感じられず
食べ過ぎてしまい、体重は増加するというのです。

 

そうなんですね。
味覚に影響を与えている「香り」という豊かさがなくなって
しまう分だけ、他で補おうとするのでしょうか。

 

たしかにエネルギーは足りていても、雑な食事
というのは満足感が足りないものです。

 

お気に入りの食器で、楽しく頂く食事は食べ過ぎをふせぐ
というのも、脳が満足しているからなのでしょうね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください