うぐいす豆餅 梅見月

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_5153608d7302a

 

今日のおやつは、いただいたお菓子です。

 

器は、ローゼンタール〈魔笛〉のショップには出ていない
小さなボウルをお抹茶茶碗に、お菓子皿には〈魔笛〉の
小さいプレートを使用してみました。

 

お菓子がほのかな色なので、ホワイトにあわせて
みましたが、失敗でした。

 

やはりゴールドの方が美しかったと思います。
ゴールドを使用して、失敗したということは今まで一度も
ありませんでしたので、困った時、迷った時はゴールドです。

 

自分で「魔笛シリーズはゴールドがおすすめ」
なんて言っておきながら……。

 

写真が例によって例の如く申し訳ない状態なので
わかりにくいのですが、ほんのりうぐいす色をしています。

 

草餅ほどは、みどりみどりしていなくて、ほんのわずか
うっすらと緑かな?、という程度の草色です。

 

最初おもわず「うぐいす餅」と間違えて書いてしまいました。
うぐいす餅というのは、お豆が入っていなくて、抹茶を入れた
緑色のきな粉をまぶしてありましたよね。

 

「草餅」、「うぐいす餅」、「うぐいす豆餅」と、全部
草色っぽいお菓子ですが、それぞれ違います。

 

記憶に残っている限りでは、この「うぐいす豆餅」は
多分初めていただくものです。

 

普通の大福のお豆が、うぐいす豆だということですね、きっと。
色も三つの中では一番薄く、緑色というよりは
黄色に近いようなほのかな色。

 

お月様友達からメールが入っていました。
「今日から梅見月ですね」とありました。

 

2月は「如月」が有名ですが、
「梅見月」ともいうのだそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す