「柊鰯(ひいらぎいわし)」 溜池山王駅(南北線)アート1 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_51536091d6ad8

 

 

今日は東京の地下鉄の駅の中で、
私が一番好きな駅をご紹介しましょう!

 

それは南北線の、溜池山王駅です。
好きな理由は、駅の構内の両側に3メートル四方に近い
大きさの絵、といいますか写真がいくつかあるからです。

 

その写真は全て、日本の美しい文様です。
布や陶磁器に描かれているものを写真に撮って
大きく引き伸してあります。

 

南北線は、ホームの両側がガラスで覆われていて
電車がくるとドアの部分だけそのガラスが
開くようになっています。

 

ですから、ホームからそれらの写真を撮ろうとすると
ガラス越しに撮ることになります。

 

ホームの蛍光灯が、白っぽく写ってしまいました。
とても見づらくて申し訳ありません。

 

この模様は、今日の節分の模様である
「柊鰯(ひいらぎいわし)」です。
ヒイラギと鰯の頭が描かれています。

 

「節分文様肩衣」という狂言の装束の肩衣で
岡山にある林原美術館の所蔵。

 

肩衣(かたぎぬ)とは、武士が袴をはいている時に
上に着ている、袖のないベストのようなもののこと。

 

狂言では、この肩衣の背中の部分に、
それはそれは素敵な模様が描いてあるのが常です。

 

何ともおおらかで自由闊達な絵。
心がおもいっきり伸びをしたような模様
( ↑ って、どんな模様ですねん?)です。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください