「プルデンシャルタワー」←「ホテルニュージャパン」←「幸楽」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

blog_import_515360a235e8d

 

 

 

前に建っていたのは「ホテルニュージャパン」

この写真の右にちょっとだけ見えるのは、赤坂BIZタワー。
左に見えるのは赤坂プリンスホテルです。

 

そして真ん中に白くそびえているのがプルデンシャルタワー
千代田区永田町にある地上38階、地下3階の超高層タワーです。

 

プルデンシャルタワーの前に建っていた建物は、
ホテルニュージャパンです。

 

御存知でしょうか?
1982年、2月8日、33人もの方が亡くなった火災
により営業停止になったホテルです。

 

 

 

30年前の火災により焼失

今から、ちょうど30年前です。
跡地の処分は、なかなか決まらなかったといいます。

 

千代田生命保険が所有者となったあとも、
ホテルニュージャパンは廃墟のかたちで随分長い間、
そのままにされていました。

 

 

hoterunyujapan     「ホテル ニュージャパン」(写真/「jiji.com」

 

 

そして1996年、ようやく千代田生命保険がこの
タワーの建設に着手します。

 

しかし、2000年、千代田生命保険は
経営破綻をしてしまいます。

 

 

 

火災から20年後に

その後、プルデンシャル生命保険が買収し、
森ビルと共同で建設を続け、2002年に
プルデンシャルタワーが出来上がりました。

 

火災から、20年の月日が流れていました。
完成まで、本当に大変だったのですね。

 

このタワーを舞台にして、ドラマが撮影され
たりもしたということです。

 

さまざまなことをのりこえてきた現在、
一際美しく聳えているような気がするのは
私だけでしょうか。

 

 

 

「ホテルニュージャパン」の前に建っていた「幸楽」

先ほど描きましたように、プルデンシャルタワーの前は
ホテルニュージャパンが建っていたのですが
その場所には実はまだ、ある大きなドラマがありました。

 

ホテルニュージャパンが火災を起こしたのは
1982年2月8日、30年前の今日です。

 

そのホテルニュージャパンは、その22年前
1960年に営業を始めています。

 

 

 

226-7    日本料亭「幸楽」の庭園(写真/「写真で見る二・二六」

 

 

 

1960年にホテルニュージャパンが営業を始める前は
その場所には「幸楽」という料亭がありました。

 

その「幸楽」が一躍全国に知れ渡る事件が起きたのが
1936年、2月26日です。

 

そうです、あの「2.26事件」です。

 

 

 

「幸楽」は2.26事件の舞台でもあった

数年前からの金融恐慌、北海道・東北の大凶作、
満州事変という庶民の困窮を打開すべく決起した部隊は、
後の暗黒裁判で17名の青年将校の死刑となって終わります。

 

しかし決起直後は、政府もその1400名の部隊の
扱いに迷っていたといいます。

 

後の「叛乱軍」は、最初は「警備隊」と呼ばれ
宿舎を与えられていました。
その一つが料亭「幸楽」でした。

 

 

kouraku         日本料亭「後楽」(写真/同上)

 

 

 

 そんなに遠いことではない2.26事件

「2.26事件」と聞くと、教科書の中の
大昔のことという気がします。

 

しかし、ホテルニュージャパンが開業する
わずか24年前のことなのですね。

 

そういえば、知り合いのT林さんが
話してくれたことがありました。

 

その方のおじいさんは、実際は参加はしなかったものの
2.26事件に誘われていたそうです。

 

こんなふうに書いていると、後から後から脈絡もなく
(少しはあるけど)、色々なことが思い出されてきます。

 




スポンサードリンク



コメントを残す