日本中のソメイヨシノは、たった一本のクローン(!)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130324midsakura             東京ミッドタウン

 

来月になると、日本中は桜の開花を今か今かと
待ち望むようになりますね。

 

その桜とは、ソメイヨシノのことです。
現在、日本の8割近くの桜はソメイヨシノだそうです。

 

明治維新以前は、お花見をする桜も、西行が詠んだ桜も
ソメイヨシノではなく「ヤマザクラ」。

 

ソメイヨシノは、明治維新後の約40年間という短い期間に
あっという間に広まってしまったのです。

 

140401miharutakisakura        赤坂サカスのシンボルツリー「紅しだれ桜」

 

(TVの「遠山の金さん」のサクラ吹雪はソメイヨシノだそうです。
金さんの時代にはソメイヨシノはなかったのですが……)

 

そして驚くべきことには、日本の約8割のソメイヨシノの木が
実はたった一本のソメイヨシノのクローン桜なのだそうです。

 

たった一本のソメイヨシノの「子ども」ではなく、
たった一本の木の「クローン」なのです。

 

ですから、日本中のソメイヨシノの木はぜ~んぶ、
同一の遺伝子を持っています。

 

最近知ったことの中で、一番驚いた事実でした
(「日本人は桜のことを何も知らない」)。

 

140401pakutawayuhi

 

クローンならではの生育の早さなどの長所もありますが
一方ではクローン特有の寿命の短さという
欠点もあるのだそうです。

 

平均寿命は、60年ほどだとか。
いっせいに植えたとすると、また枯れるのも
いっせいになのではないか、と本の著者は危惧していました。

 

ソメイヨシノ以外の桜の寿命はながく、数百年、
なかには千年を超えるものも珍しくありません。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “日本中のソメイヨシノは、たった一本のクローン(!)

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ソメイヨシノってちょっと特殊な木だという事は知っていたのですが…
    クローンだったんですか!!
    そういえば、こちらではワシントン大学のキャンパスの桜が有名ですが、もうすでに樹齢が60年以上だそうです。
    あれが一斉に枯れたらどうするんだろう。
    日本だと、千鳥ヶ淵によく桜を見に行きましたが、あそこの木も古いですよね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    知っていたんですか、私は全く知りませんでしたよぅ。
    最初にワシントンに行った2千本は害虫のため焼却。
    その3年後に3千本送ったのですが、うちソメイヨシノは1800本だそうです。
    寿命が短いといわれているソメイヨシノが、もう100年も咲いているとか(努力されている人がいるのかも)。
    東京で(どこか忘れてしまいましたが)一斉に枯れてしまい、少し離れた所にまた植えて桜の名所をつくったところもあるそうです。
    また青森の弘前(だったと思う)では、担当者の努力によって寿命を延ばす工夫が行われ、各地に広めているとか。
    ワシントンに行った桜のもととなった荒川堤の桜が枯れてしまい、ワシントンから里帰りしたのですが、それも枯れてしまい、再び送ってもらって現在元気。
    なにか、面白いですね。
    送ったり送られたり。。こんなふうに世界中仲良く出来るといいですね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください