さくら

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 
blog_import_515360ba109bc

 

 

この写真は、ケイオウ(啓翁)サクラです。

 

シナミザクラとカンヒザクラの雑種とされ
この桜は剪定に強く、枝を切ることも可能です。

 

そもそも桜というのは、同じ木同士では
実を結ばないそうです。
これを「自家不和合性」といいます。

 

これは、他の性質を取り入れてより良い子孫をつくる
ための、自然の仕組みですね。

 

ですから、ソメイヨシノも同じ木同士では種子ができません。

 

 

 

140401pakutawasakura

 

 

しかし、昨日お話ししたように、日本中のソメイヨシノ
はクローンですので、遺伝子的には「他の木」は
存在しません。

 

したがって、ソメイヨシノは実を結ぶことがないのです。
時々、ソメイヨシノに実がついていることがありますが
それは他の種の桜との交配によるものです。

 

ですから、その種子をまいてもソメイヨシノが育つわけ
ではなく、ソメイヨシノの雑種ということになります。

 

種子で増やすことができないので、
ソメイヨシノはもっぱら接ぎ木で増やします。

 

 

 

140408roppongikoukou

 

 

桜の開花予想は昭和30年から始まりましたが
これが可能なのもクローン桜だからだといいます。

 

例えばヤマザクラなど、同じ場所にあっても、
葉の色等一本一本がそれぞれが個性を持っていて
どれ一つとして同じ木がないとか。

 

いつか、そんな個性的な美しい桜に、
会いに行きたいと思います。

 

140330sacasu

 

 

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す