米州作「東風(菅原道真)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_515360577252b

 

のっけからなんですが、私はお人形に限らず、
部屋に物を置くのが嫌いです。

 

必要なものさえ置きたくないくらいで、
何もない部屋が好きです。

 

(私の理想の部屋は、みぎぃさん曰く
「それじゃ、仙人だよ」です)

 

ですから普段は、部屋にお人形を飾ることはありません。
ただ、おひな様の時期に小さなものと、
それと重なる時期にこのお人形を出します。

 

このお人形は菅原道真で、手にしているのは梅の花。
そうです、これは道真が讒言で太宰府に左遷される時に
庭の梅に別れを告げたあの有名な歌のシーンです。

 

「こちふかば 匂ひおこせよ梅の花
あるじなしとて 春な忘れそ」

 

「こち」を東風と書くので、このお人形の名前は
「東風(とうふう)」といいます。
昔の米洲作です。

 

梅の花ですから、今の時期のものですね。
そして、このお人形が好きだった母は、
今日2月29日が命日ですので、一年のうち2月だけは
このお人形を出してあげるようにしています。

 

と書きますと、ちょっとは孝行娘のようにも
思われるかもしれません。

 

しかし実態は、このお人形さえ処分しようと
した(!)のですが、結局いまだにあるというだけに
すぎないのです……。

 

「梅見月 『うぐいす豆餅』」で始まった2月も、
今日で終わります。

 




スポンサードリンク



コメントを残す