ベアテ・シロタ・ゴードン(Beate・shirota・gordon)さん

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

1010303080

 

今日は憲法記念日ですね。
1947年5月3日、日本国憲法が施行されました。

 

そこで昨日のお皿とコーヒーカップの置いてあった
布なのですが、昨日の写真より少し大きくしてみました。

 

御覧になれるでしょうか?

 

 

12.5.1.beate

 

 

お皿の右上に当たる部分には、このように書いてあります。

 

日本国憲法第二十四条の六カ国語訳
The constitution of Japan,
Article 24, in the 6 Languages,
I speak, English, Japanese, German,
French, Spanish and Russian.

 

Beate Sirota Gordon

 

日本国憲法
24条、6カ国語訳
私は、英語,日本語、ドイツ語、
フランス語、ロシア語を話します。

(ベアテ・シロタ・ゴードンのサイン)

 

上記の文字のまわりを、六カ国語に訳された憲法24条が
取り囲んでいるバンダナなのです。

 

ベアテさんは、日本国憲法の草案を作ったお一人で、
この24条にはベアテさんの思いが込められているといいます。

 

彼女の両親はキエフ出身ですが、父親レオン・シロタが有名な
ピアニストでありウィーンで活躍していたために
両親、ベアテさんともにオーストリア国籍でした。

 

父親が山田耕筰に招かれて現在の東京芸大のピアノ科主任教授
の任につくために、御家族で日本にいらっしゃいました。
ベアテさんが5歳のときです。

 

それからの約十年間の日本暮らしで、彼女は日本の女性の置かれて
いる立場を理解するようになります。

 

彼女は,バンダナの中では6カ国語と書いてありますが、
実際はラテン語もおできになるようです。

 

ベアテさんは、スペイン語以外の6カ国語を日本でマスターし,
15歳で大学に入学するために単身でアメリカへ渡ります。

 

その直後に真珠湾攻撃。
戦争のために学費の送金が絶たれ、両親の所在も分からなく
なりました。

 

しかし通訳の仕事をしながら、19歳の時に最優秀で大学を卒業。
アメリカで就職をしましたが、日本の両親が心配で、なんとか
日本に「帰国」したいと就いたのがGHQの仕事でした。

 

そこで憲法草案作成となるのですが、これは極秘命令だった
ために彼女は両親にも話さなかったといいます。

 

また、アメリカに帰ってからもインタビューなどは断り続けます。
事実を話すようになったのは、多分、1993年頃からだと思います。

 

1993年5月、TV朝日で放映されたドキュメンタリージャパン制作の
「日本国憲法誕生秘話」(という名前だったかな?)を、
深夜に見た時の衝撃は忘れられません。

 

ベアテさんに感謝です。

 

そうそう、ベアテさんが日本で暮らした十年間ですが、おうちが
あったのは赤坂檜町。
東京ミッドタウンの近くだったそうですよ。

 

その上、以前ブログで書いた2,26事件も真近で体験された
貴重なお一人でもあります。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください