宝物自慢! 「オーク(どんぐりの木)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

先日お話した、私の宝物の木です。
これは大きくなると、どんぐりのなる
「オーク」という木です。

 

実はショップの写真やこちらのブログでも、
自慢気にちらちらと登場させていました。

 

でもみなさんは、それが「自慢」だとは
思わなかったに違いありません。
たかが、ちっちゃなどんぐりの木ですから。

 

 

 

 

オーク(Oak)は、ブナ科 コナラ属
(学名 Quercus)の植物の総称です。

 

ヨーロッパナラ(ヨーロッパオーク、イングリッシュ
オーク、コモンオーク,欧州楢、英名 Common Oak,
学名 Quercus robur)が代表的なもの。

 

なお、アカガシ亜属  Quercus(Cyclobalanopsis)は
別属とされることもありますが、オークに含まれます。

 

 

 

 

ヨーロッパナラは、ヨーロッパから小アジア、
北アフリカの一部で原生する広葉樹で
学名はラテン語で「硬い楢」を意味します。

 

英名「Pedunculate Oak」は、花弁のある
オークの意味で、コナラ属の基準種です。

 

英語で「oak」というと、この種のことで
ホワイトオーク節(section Quercus)に属します。

 

イタリア(Q.brutia  Tenore)、
東南ヨーロッパ(Q.pedunculiflora  K.Koch)、
小アジアとコーカサス(Q.haas  Kotschy)、
に分布するものは別種とみなされることもあります。

 

 

 

 

 

ヨーロッパナラの特徴

大きな落葉樹で、25〜35メートル(40メートルに
達するものも)の高さをもち、切れ込みのある
ほとんど無柄(短い主軸のある)の葉は
7〜14センチの長さです。

 

開花は春の中頃で、その年の秋に果実、ドングリが
熟し、ドングリの直径は2〜2,5センチで、
3〜7センチの柄1つにつき、1〜4個の
ドングリがなります。

 

ゴツゴツとした大きく広がった枝の樹木で、長命。
数世紀を生きているものもあり、最古級の木々の
多くは、枝打ちがなされているようです。

 

 

 

 

ヨーロッパナラの最高齢は、リトアニアの
スタムルジェーにある樹齢1500年の木で
ヨーロッパ最古のオークといわれています。

 

デンマークのイェーアスプリスの Kongeegen
(王のオーク)は、樹齢1200年、
スウェーデンのクヴィッレーカン(Kvillelen)
には、1000年以上の周囲14メートルにも
達する木があります。

 

枝打ちされていない木では、ドイツの
イーフェナックのものが最古で、この木の近隣の
木の年齢により推定された樹齢は、700年から800年。

 

 

 

 

オークは合計、数百種類以上が知られていて
亜熱帯から亜寒帯まで北半球に広く分布。

 

日本語では落葉樹の種族はナラ(楢),
    常緑樹の種郡はカシ(樫)

 

と呼ばれますが、樫はライヴオークで
あり、正式には楢がオークです。

 

ヨーロッパのオークの多くは日本で
ナラ(楢)と呼ばれる落葉樹であり
常緑の樫は南ヨーロッパ以外では稀です。

 

 

 

 

ヨーロッパナラは、近隣種のフユナラ(Quercus
petraea)とは、生息範囲の多くが重複します。

 

両者の差異は、ヨーロッパナラの葉が、非常に
短い葉軸を持つ花便のあるドングリが実ることで
2つの種は、天然で雑種(Quercus x rosacea)
を作ります。



これらは、自然環境においては、昆虫
その他の野生生物に対して重要な存在です。
無数の昆虫が葉や芽の上、果実の中で
暮らしています。

 

どんぐりは、いくつかの小さな哺乳類や鳥
(特にカケス)たちにとって、価値のある
食料資源となっています。

 

 

 

 

ヨーロッパナラの木は、林業のために育てられ
その心材は長持ちし、内装や家具へ用いられます。

 

ヨーロッパナラ材は、繊維に対して垂直な横断面を
見ることで、簡単に見分けがつき、目立つ明暗の
(大抵は幅広い)年齢が特徴的です。

 

春財は、多数の導管(0.5ミリ以下)が見られます。
0.1ミリ以下の黄色から褐色の放射状の模様が
年齢を横切っています。

 

 

 

 

明治時代の翻訳家が、落葉樹のオークを樫と
誤訳した例があり、現在も混同されているよう。

 

温暖な地域に分布する常緑のオークは
ライヴオーク(Live oak)と呼ばれます。

 

オークは加工しやすい種が多く、ヨーロッパや
北アメリカでは、家具やフローリング(床材),
ウイスキーやワインの樽の材料等に広く使われます。

 

 

 

 

オークの木肌は、中程度から粗めの堅い木材で
木目がはっきりして、特に柾目面には
それが美しい模様として現われます。

 

また、虎斑(とらふ)と呼ばれる虎の斑紋を
連想させる模様が現われることも特徴。

 

材木用として、ヨーロッパ原産のヨーロッパナラ
などの落葉性のナラ類が代表的です。

 

日本のミズナラ材は、このヨーロッパナラに
匹敵する性質をもつ高級オーク材です。

 

 

 

 

他に、北アメリカ原産のレッドオーク
(ロバタエ節 Section Lobatae)やホワイトオーク
(クェルクス節 Section Quercus)、樹皮をコルク
として用いるコルクガシ(Q.suber) などが有名です。

 

北米のホワイトオークはウィスキーの樽として使用
されているそうですが、サントリーウイスキーも
この木でで
きた樽に詰められているのでしょうか。

 

東京ミッドタウンにあるサントリー美術館の
床は、サントリーウイスキーを詰めていた樽
のオークを使用しています。

 

 

 

 

オークの葉は、柏の葉に似た特徴的な形をしていて
オークリーフという意匠としてもよく知られています。

 

しかしオークの葉形は、種によって様々で
ヨーロッパナラの葉はほんの一例に過ぎません。

 

深く切れ込んでいて先端がとがっているもの、
細長いもの等々で、これは、EUの硬貨にも
同じような形が使われているそうです。

 

 

 

 

 

日本に植えられたヨーロッパナラ

京都大学農学部のオリンピックオーク

1936年、ベルリンオリンピックの金メダリスト、
田島直人(三段跳び)が、副賞としてヒトラー
から受けた、高さ30センチほどの小さな鉢植えを
母校に寄贈したものだそうです。

 

以降、70年を経て、樹高20メートルにも達して
いましたが、2008年、ナラ枯れ病のために
枯れてしまいました。

 

椙山女学園中学校・高等学校のオリンピックオーク

こちらも同じくベルリンオリンピック副賞として
金メダリスト(水泳200メートル平泳ぎ)の
前畑秀子が、副賞として受けたものですが、既に
枯れていて、現在は2代目が植わっています。

 

 

広島平和記念公園

1961年、西ドイツ大学教授団から寄贈されたもの。

 

 

日英グリーン同盟

2002年、日英同盟(1902年)の締結100周年記念
として英国大使館が実施しました。
2002年1月末から12月までの1年間にわたって
植栽が行われ、47全ての都道府県、約200か所に
植樹されました。

 




スポンサードリンク



4 thoughts on “宝物自慢! 「オーク(どんぐりの木)」

  1. SECRET: 0
    PASS:
    シュウママさん
    ありがと~!
    は~い、わかりました。
    気長にね,気長に。。。
    去年,実がなりそうになった時,本当に、まさか、まさか!、と思った。
    今のオークは2代目なんだけど、最初のはね,うち来たときから私の背より大きいのに,一度も実がなりそうにすらならなかったもの。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    何通もコメント投下すみません(笑)
    これこれ、オークちゃん、見たかったんですよ~!
    昔、私もオークって凄い木だなぁと興味津々だった時がありました。ケルトのドルイドが祈祷?する時は必ずオークの木の下だったとか、イギリス国内にもオークのつく地名が多く残っていたり、不思議な木ですよね。
    小さくてもやっぱり葉っぱはしっかりオークで可愛いなぁ~
    この後もオークちゃんは元気でしょうか。
    夜は眠れていますか?(笑)
    一方、私はあのクサくて黒い花の咲いた珍しいらしきサボテンをとうとう枯らしてしまいました(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    いえいえ,いっぱいありがとうです!
    イギリスだけでなくて,アメリカでも地名についてない?
    「オーク通り」とかいうレベルで。
    私はオークについて専門的なことは全くわからないんだけど,それほど欧米ではフツーにある木、という意味ではないのかとも思うけど。。違うかな。
    いわば、日本でいえば、ススキやオオバコのような「雑草」の「木版(?)」。
    となると日本ではなんだろうか。。。松?、杉?
    そう,小さくてもオークの形してるの、ぐふふっ。。。
    今実のたまごは、あの写真よりちょっと大きくなったよ。
    このブログ、リンクできないんだけど(多分)、↓のね、
    http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventrypreview.do
    このブログの一番最初のブログなんだけど,そこについている写真の「W」と「e」の下に木の棒みたいのがあるの、見えるかな?
    これが,去年落ちたどんぐり(になりかけのもの)。
    もう,帽子が出来かけの頃だったんだよぅ。。。
    な、なんと、腐った肉花,枯れてしまったのですか。。。
    でも,一度だけでも咲かせることができて,本当によかったね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください