マカロン「ジャン-ポール エヴァン(Jean-Paul Hevin)」 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
120527makaron

 

昨日の「ジャン=ポール エヴァン」のマカロンです。

 

私は、世の中の流行をあまり意識せずに
生きていますもので、一体いつからこんなに
マカロンが注目を浴びているのか知りません。

 

でも小さい頃からマカロンが大好きなので、
とっても嬉しいです。

 

いろいろなお店のマカロンがありますが
私にはやはり「ジャン=ポール エヴァン」の
マカロンの色が一番美しく感じられます。

 

ビビットで可愛い色のマカロンも、魅力的です。
アクセサリーやボタンならもちろん素敵ですし、
口に入れるものであっても、キャンディでしたら
全く気になりません。

 

でも、ふしぎですね。
マカロンだと、ちょっとためらいがあります。
もちろん、人それぞれでどのようないろの
マカロンが美味しそうかは個人差がありますが。

 

それは健康云々、という理由ではなくて、
単においしそうに思えないから、なのかもしれません。

 

(そういえば、同じ東京ミッドタウンで、以前「白いイチゴ」を
見た時に他の方が言っていましたっけ……)

 

色がどうのこうのといっても、実際に食べてしまえばそれはそれで
おいしくて、そんな色のことは全然気にならなくなる、のかも
しれませんけどね。

 

「ジャン=ポール エヴァン」のマカロンの優しい
品のいい可愛らしさにうっとりしてしまいます。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “マカロン「ジャン-ポール エヴァン(Jean-Paul Hevin)」 東京ミッドタウン

  1. SECRET: 0
    PASS:
    マカロン、本当にブームになりましたもんねぇ…
    日本でブームの頃、私はこっちにいたので食べた事がなくて、でもシアトルでこの手のマカロンを作っている所がなくて泣きました (ToT)
    で、お菓子好き友達にどんなのどんなの?と聞いてみたら「飽きるよ。私、もう食べたくないよ」と言われてさらに泣きました(笑)
    シアトルではここ5年程でやっとマカロンが普通に見られるようになってきました。とはいえ、地元のパティシエが見よう見まねで作ったようなものが大半で、食感がイマイチだったりします。
    私は日本ではまだラデュレのしか食べた事がないのですが、シアトルでは食べられない味で感動しました。
    確かにどぎつい色のマカロンありますね。
    そういえば、地元日本人経営のケーキ屋さんでは人工着色料を使わずに天然果汁等を使ったマカロンを作っています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    「日本でブームの頃」って、ブームは日本だけなの??
    何となく世界の田舎、日本に住んでいると,「欧米」って一緒の感覚なんですよね。
    アメリカでも,もちろんニューヨーク他大都会は、マカロンでもなんでもあるんでしょ?
    シアトルってみぎぃさんの写真をいつも見ているけど,すっごく都会って気がしますが。。。
    お友達,なんとつれない。。。私はまだ飽きるほど食べたことがないので,羨ましい限りですが。
    ラデュレもまだだよ。
    いつからブームになったのかも知らないのに、こんなこという資格はないのですが。。。
    マカロンって,「おいしいから」以上に「かわいいから」ブームになったのでは?
    もちろん、おいしいのですが、どちらかといえば可愛さ先行(となると,日本でブームになったというのもうなづけますね)。
    みぎぃさんがブログで紹介してくれた,お砂糖でできた建物とかの何ていうんだっけ?。。。勿論,あそこまではいかないけど、存在理由(?)としてはあれに近い気がする。
    だから女子お茶会なんかで、キャーキャーいいながら可愛いきれいな色のマカロンをつまむのは様になる。
    だけど、食通のおじさまがおもむろに淡いピンク色のマカロンをつまんで口にしても絵にならない。。。ような気がする。
    って、随分ひどいこと書いちゃったね。。。アメブロに差別主義者だと削除されちゃうかも。。。ふふふっ。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください