集合住宅のペット問題

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 
inutohurou

 

 

 

ペットの騒音問題

昨日のバウムクーヘンですが、うちのマンションの住民の
話し合いの時に頂いたものでした。

 

その話し合いには、ペットの騒音問題も出ました。
私の住んでいる建物は、動物の飼育は禁止されていますが
やはり飼っている人はいます。

 

最近、確かに犬の鳴き声が、少々うるさく聞こえてはいました。
それに対する苦情を言う人がいまして、
そのことを話し合ったのです。

 

 

hukuroutoinu

 

 

 

友人から貰い受けた犬

その犬の飼い主は、かなり前から犬を飼っていて、
やはり当時も問題になったということでした。

 

その時は、
「飼うことができなくなった犬を友人から貰い受けた」
と説明していたようです。

 

それに対して、管理組合が出した結論は、次のようなものでした。

 

「そのような理由であるなら、その犬一代限りという約束で
その犬の写真を提出すること」。

 

 

inutotita

 

 

 

妻の死後に、また新たに犬を

それが今から十年以上前のこと。
最近、そのご夫婦の奥さんが亡くなり、
その後に犬も死んでしまいました。

 

夫は妻が亡くなり、以前いた犬も死んだ後に
また次の子犬を飼ったようです。
その子犬が彼の留守中に、ずっと鳴き続けていたのです。

 

今回、苦情を申し立てた人は、「うるさい」こと以外にも
「動物が嫌いな人もいる」「動物アレルギーがある人は困る」
ということを、重ねて発言しました。

 

 

titatoinu

 

 

 

 今の潮流は

一方、このマンションは事務所で使用していて
自宅は別という方が発言しました。

 

自宅のマンションもペットは禁止なのだが、
飼う人は増えている。

 

また、それを問題にした裁判でも、動物がもたらす効果が
認められて(医学的にも証明され)、ペットを飼うことは
認められつつあり、流れはその方に行くのではないか、と。

 

となりますと、今回の犬の場合は、まさに妻を亡くした
高齢の男性を支えている存在、ともいえるわけです。

 

管理組合の規約違反ではありますが、社会の現状としては
認められつつあるということなのでしょう。

 

 

inutokatatumuri

 

 

 

「毒殺するように言っておいてください」

今回は、管理組合から犬の飼い主に
苦情が出ていることを伝えるという結論で終わりました。

 

苦情を申し立てた人は
「毒殺するように言っておいてください」と強い口調でいい
まわりは一瞬沈黙、という状態でしたが……。

 

集合住宅でのペットの問題は
これからも増えていく大きな問題でしょうね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください