日隅一雄弁護士

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130815kamagaya

 

先ほどツイッタ―で、弁護士の日隅一雄さんが
重体だと知りました。

 

一連のツイッターを見終わると
「新たに2件のツイートがあります」とのこと。

 

その2つめのツイートを開くと
そこには「永眠された」と書いてありました。

 

亡くなられた時間が12日、午後8時28分。
私が知ったのは30分後でした。

 

日隅さんとは、私は直接の知り合いではありません。
ですが、3年ほど前にお目にかかりはしなかったものの
少々の問題と関係がありました。

 

それは、私にとっては望ましい事柄とは
いえないことでした。
彼のとった行動について、問いただしたくもありました。

 

 

140420honzan

 

 

しかし、昨年の3.11以来、東電の会見に連日出席して
原発の問題に取り組んでいる姿勢には、私的なことを超えて
やはり尊敬に値する人物だとの念を
抱かずにはいられませんでした。

 

しかも彼は昨年5月末に、手術や放射線治療も出来ない状態の
末期の胆のう癌であることを宣告されていたのです。

 

余命半年、うまく抗がん剤が効けば一年。
効く確立は2,3割。

 

痛みとの闘いが、彼のブログには綴られています。
今年の誕生日に、彼の弟夫妻から電報が届きます。

 

そこにはこう書かれていました。

「僕たちは奇跡を信じています」と。

 

日隅さんは彼らに応えます。

「ありがとう!
二人よりももっと奇跡が起きることを信じるよ!
絶対に、あきらめない!」

 

新聞記者をやめて弁護士になり
闘い続けた日隅さん、49歳。

 

ご冥福をお祈り致します。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください