ヴァランシア「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 
1374637113             (写真/「JOSHI+」)

 

 

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」
「ヴァランシア」です。

 

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の
焼き菓子は以前紹介しましたので、今日はケーキです。

 

かなり暑い日に、保冷剤を入れずに長い時間持ち歩いて
しまったので、ちょっとだれてしまいました。
本当は,もっとシャープで美しいです。

 

このケーキは、シャルル・ブルーストコンクールで
優勝した人気商品だとか。

 

「軽やかなムースオランジュとショコラオレの
軽い組み合わせが、フランス人を唸らせました」
とHPにはあります。

 

見た目のインパクトはありますね。




スポンサードリンク



2 thoughts on “ヴァランシア「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」東京ミッドタウン

  1. SECRET: 0
    PASS:
    本当に日本で売っているケーキはいちいちおしゃれだなぁ~
    しのぶさんは唸った?(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    いつもながら,鋭いつっこみ、ありがとうございます。
    その前に「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の名誉のために一言申しますと,暑さでダレたのと、私の写真のひどさで本来の美しさを表現できてはいません。
     
    で。。。最後の一行「見た目のインパクトはありますね」ですが、最初は「確かに」をつけようと思ったのですが,自粛しました。
    それでも「インパクトが」ではなく「インパクトは」にした意を汲んでいただけたらと。。。
     
    このオレンジの飾りは,ちょっと考えればわかるのですが,いわゆる水飴のようなものですよね。
    このケーキの正しいいただき方としては,これを残すものなのかどうかはわからないのですが,私は最後に食べました。
    それが口に滞在していた時間,ここまでして飾らなくても,という思いがよぎったのも事実でございます。
    「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のものは、一瞬,美しさに目を奪われます。
    斬新なセンスを感じます。
    もしお時間がありました時に、「http://ameblo.jp/aprisugar/entry-11260531147.html」の最後の2行を見ていただけましたら幸いに存じます。
    長々と誠に失礼をいたしました。

コメントを残す