ピラミッド「ジャン-ポール・エヴァン」 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_5153649e53246

 

可愛い三角形のケーキ。
その名も「ピラミッド」。

 

「ほんのりコニャックが香る、ピスタチオ入りの
チョコレート生地とビターガナシュを交互にサンド」
しているとのことです。

 

ジャン-ポール・エヴァンのケーキは、お酒が入っていても
それが「いかにも」と際立ちすぎないのが特徴ですね。

 

以前,「吉兆」の湯木貞一さんが書いていらしたのを
読んだことがあります。

 

お吸い物は、一口目で「ちょうど良い味」
と感じるようでは、味が濃すぎるというような
意味のことでした。

 

私は、確かにそうだ、と納得した覚えがあります。

 

ジャン-ポール・エヴァンのケーキは
吉兆のお料理とはまったく別のものです。

 

ですが「味」の根幹、根底に流れているものが
なぜか似ているような気が私にはします。

 




スポンサードリンク



コメントを残す