「青いみかん」を見ると思い出すこと

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_51536677a6983
 

 

高校生の時に、歌の先生のお友だちの
詩の朗読会に行ったことがあります。
というより行かされました。

 

男性の方で、自作の詩をステージで朗読する会でした。
ただ他の詩の朗読の会と違っていたのは、
詩を読む時に、ダンスというほどではないのですが
動作つきで吟じる(?)形態だったことです。

 

その日の詩の朗読はほとんど覚えていないのですが
その中で一つだけ覚えているものがあります。
「青いみかんを食べたから 秋になっちぃまったよ」
というものでした。
その他のものは、まったく覚えていないのですが、
これだけは青いみかんを見るたびにちょっとした
おかしさとともに思い出します。

 




スポンサードリンク



コメントを残す