古代米せんべい「天乃屋」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_515365a8c8fff

 

「古代米せんべい」なるものです。
今回初めて買いました。

 

うるち米と餅米に、黒米、キヌア、黒こしょうを入れて
ふっくらと炊いた後に、フライにしてあります。

 

「古代米」というのは、日本で古くから栽培されてきた
イネの原種の特徴を受け継いでいる、と推測される
有色素米などの総称なのだそうです。

 

この原料の「黒米」も、その一つ。
また「キヌア」というのは、南米アンデス地方で、
これまた紀元前から栽培されていたものです。

 

栄養のバランスが良いことから、NASA(米軍航空宇宙局)が
「21世紀のスーパーグレイン」と発表して、
宇宙食の候補にもなったそうですよ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す