炭、銀葉、火箸「香雅堂」麻布十番

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_515366b912788

 

 

10月10日は「麻布十番の日」

ということで今日は、麻布十番の3丁目にある
お香のお店「香雅堂」を御紹介しましょう。

 

麻布十番の駅をから歩いて、5分もかからないお店。

 

「香雅堂」には可愛い匂い袋や
お香の数々が所狭しと置いてあります。

 

またお店の上の2階では
香道のお稽古も開催されているようです。

 

 

 

香木や、可愛い匂い袋がいっぱい

お店に一歩足を踏み入れると、そこには
お香のいい香りが漂っています。

 

今日の最初の写真に写っているのは、
匂い袋をはじめ可愛いちりめんのお細工物。

 

その他にも可愛いものがたくさんありますよ。
匂い袋って可愛くて優雅ですね。

 

お店には、こんな大きな香木もあります。

 

香木のそばにある大きなガラスのビンの中に
入っているものは、匂い袋に入れるお香だそうです。
blog_import_515366b965dbc

 

この大きなビンに入っているお香を
嗅がせてもらったのですが、一瞬
驚くような強いに香りでした。

 

実際は、このビンの香りのお香をほんの少しだけ
匂い袋などにいれて香りを楽しむものです。

 

香りは、どんなよい香りでも濃度が高過ぎると
よい香りには感じられないものですから。

 

 

 

買って来たもの

そして今回、私が買ってきたものの一部はこれです。

 

左から「炭」、お皿にのっているのが
「銀葉(ぎんよう)」と「火箸」。

 

これで何をするのかは、また今度ね!

 

blog_import_515366bab60e0

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “炭、銀葉、火箸「香雅堂」麻布十番

  1. SECRET: 0
    PASS:
    一枚目の画像、お香のお店に全く見えませんね~!
    可愛い和雑貨のお店かとばかり。
    このちりめんの小物には、もしや中にお香が入っていたりするんでしょうか!?
    そして、このガラス瓶の中のお香の材料ってどんなのでしょう~!?
    そういや西洋では香水があって、日本を始めアジアではお香ですよね…?
    西洋で空間に香りを焚くものってあったかな?そういえば、教会ではフランキンセンスを焚くとかってありましたね!
    香りの文化も調べると奥が凄く深そうだなぁ。
    銀葉?火鉢と炭?何をするんだろう~!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    そうなの、何となく縮緬のお細工もののお店みたいでしょ?
    よくは見たことがないんだけど、この中には何も入っていなくて、ガラス瓶の中に入っているようなお香を入れるんだと思う。
    このガラス瓶の中のお香なんですが、白檀(サンダルウッド)のようないわゆる「香木」もはいっているけど、丁字や八角や茴香なんていう、お料理のスパイスのようなものも入っているんだよ。
    私はこれは買ったことがなくて、今回初めて香りをかがせてもらったんだけど、かなり強い~!、というのが正直な感想でした。
    でも実際には、このほんの一部を、しかも匂い袋に入れてしまうわけだから、その程度に薄まるともしかしたら凄くいい香りと感じるのかもね。
    香りって濃度が凄く関係しているから。
    それに香りって、慣れもあるよね。
    お茶目なラベンダー石けんね、私はラベンダー色は大好きなんだけど香りはちょっと苦手だったの。
    それが今では、ああそうなのね~、という感じで少しわかるようになってきましたよ、おかげさまで!
    そうなのだ、香りって奥深いのだ。
    今度はこれらを使った写真をのせるので、また見てね~!

コメントを残す