青いバラ(アプローズ――SUNTORY blue rose APPLAUSE)「夢かなう」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

 

「不可能」なことを
英語で「Blue rose(青いバラ)」
というそうです。

 

それほどあり得なかった「青いバラ」が
サントリーフラワーズとオーストラリアの
植物工学企業であるFlorigeneとの共同開発で
誕生したことが発表されたのは2004年。

 

2009年11月3日、サントリー
フラワーズは、その「青いバラ」に
「アプローズ」(正式名称
SUNTORY blue rose APPLAUSE)
の名を与えています。

 

「APPLAUSE」 とは、拍手、喝采の意味です。
また、花ことばは「夢かなう」だそう。

 

「青いバラ」といっても、実際は青紫色
といった方が近い気もしないではないですが。

 

「青いバラ」を開発している方々は、
これからも、より「青」に近づけるべく
努力を重ねているようです。
私はむしろ、現在のこの色が好きです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください