東京ミッドタウン「デザインアワード2012」準グランプリ「風景『都市と生きる』」

「あぷりのお茶会」へようこそ!
121105junguranpuri

 

 

ミッドタウンアワード受賞作品発表 

ミッドタウンアワード2012の受賞作品の発表が
先月の末に行われました。

 

〈 アートコンペ 〉 の審査の様子を見せて
いただいたのは、夏の暑い盛りでした。

 

私は午後の部だけでしたので、私が見た作品のなかから
グランプリが出るとは限らなかったのですが、

グランプリも、準グランプリも午後の部に
プレゼンテーションをした作品から選ばれました。

 

 

 

一押しがあったのですが

〈アートコンペ〉を見せていただいた時の模様を
ブログに書いたことがありました。

 

その時、ブログには書かなかったのですが、
実は私には一押しの作品がありました。

 

ただ「東京ミッドタウン」という商業施設の性質上、
この作品のグランプリは無理だろうと思っていたのです。

 

それがなんと、グランプリではなかったものの
準グランプリに輝きました!

 

 

準グランプリ    宮本宗    風景「都市と生きる」
「都市の独特の空気のなかで感じる違和感は、
自分自身がその膨大すぎるエネルギーのなかに飛び込んだときの
圧迫感であるように感じる。
都市にはエネルギーという目に見えない力がいたるところに及んでおり、
私達はそれらが秘めるリスクを無意識に背負いながら日々を生きている。
そんな私達の生き方はどこか滑稽であるように思う。」
「東京ミッドタウンHP」

 

 

140130shanpan

 

 

今になって考えてみれば

そういえば、〈アートコンペ〉の時に、審査員が
少々、厳しいともとれる質問を作者にしていました。

 

「(この作品を展示した時の)批判も覚悟していますか?」

 

この言葉は、今回準グランプリを受賞した作品を
押していたからこその言葉だったのかもしれません。

 

 

 

カンパイ〜!

審査員が強く推薦したか否かということについては、
私は知りうる立場にはありませんが、東京ミッドタウン側が
これを受け入れたことは間違いありません。

 

受賞した宮本宗さん、審査員の方々、
そして東京ミッドタウンに乾杯!

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください