メゾンカイザージャポン 木村社長

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141005kurowassanmezonkaiza

 

 

メゾンカイザージャポン 木村周一郎社長

以前、メゾンカイザーのお話をしてから随分、時間が開いて
しまいましたが、ブーランジェリーエリックカイザージャポン
木村社長のことをお話しましょう。

 

エリックカイザーが、フランスの古き良き時代の製法を、
最新の機械技術で実現させた人だということは
以前にお話しましたね。

 

その技術と味を日本で再現するのに相応しい人物として
選ばれたのが木村社長だったのです。

 

木村社長。
「木村」といえば
昨日の木村屋のパンを思い出しますね。

 

そうなんです、木村社長はあの木村屋の御家族です。
といっても最初は、この道とは全く異なる保険会社に
就職をされたということです。

 

しかし後に退社して、米国国立製パン研究所でベーキング
サイエンスを学び渡仏し、エリックカイザー氏に認められて、
日本のメゾンカイザーの社長になりました。

 

 

121022hosi2

 

 

 

本当のフランスパンの味を追求して

「日本のパンは、和菓子風な菓子パンや食パンから始まりました」
と木村社長はおっしゃいます。

 

「そして外国から様々なパンが上陸し
商業市場へ向けての多様なアレンジがほどこされます。

 

それは日本人の口に合い、美味しいこともあるかも
しれないけれど本場の味とは違ってきます。

 

提携したフランスのパン屋さんの名前を掲げていても、
製法が違ったり、日本ならではのあんパンやメロンパンも
並ばざるをえなかったり……」

 

そうですね,本当に。
仰る通り、それはそれでおいしいんですが
本当のフランスの味とは異なるのでしょうね。

 

私がそれに気づいたのは、まさにメゾンカイザーの
パンを初めて食べた時のことでした。

 

 

12 10 22 burauni

 

 

 

材料も、手間も惜しまない

「おいしいパンの条件は
自然発酵種(ルヴァンフェルメント)と良い粉。
職人の使命は、手作りパンを安定して生産すること。
メゾンカイザーは手間を惜しまない、昔ながらのパン作り
を目指しています」      (『メゾンカイザー』HPより)

 

この「ブラウニー」も見かけより、というと失礼ですが
本当に、見かけよりずっとおいしかったです。

 

上に見えるのは全部、一粒丸ごとのアーモンドです。

 

ひからびたように痩せているアーモンドではなく、
ぷくぷく元気いっぱいのアーモンドがゴロゴロと
ブラウニーの上にところ狭しと並んでいます。

 

パン生地のおいしさはもちろんですが、
中に何かを入れたり上に、トッピングをする時の
量の贅沢さはメゾンカイザーのお家芸(!)。

 

これらに関して、メゾンカイザーは
群を抜いていると私は思います。

 

メゾンカイザーは
私のお気に入りのパン屋さんです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す