「本物」「ニセモノ」7  四十七士の手紙「赤垣源蔵」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_515366d62ed27

 

 

四十七士のニセモノ手紙

今日は、忠臣蔵の討入りの日なので、赤穂義士に因んだ
「本物」「ニセモノ」を紹介しましょう。

 

私は最近まで見たことがなかったのですが
四十七士の書いた手紙、それもニセモノが
かなり世間にはびこっており、高額で取引されているそうです。

 

それらを実際に見たとしても、
私には本物か否かなどの判断はとてもできません。
それ以前に、日本語なのに読めませんし……(涙)。

 

 

 

署名が「赤垣源蔵」

ですが先日、ニセモノの手紙の写真を見せていただいた中に、
一つだけ明らかにニセモノとわかるものがありました。

 

わかった理由は、書いた人の名前にあります。
「赤垣源蔵」と署名がしてあったからです。

 

四十七士の中で、彼は有名な方に入ると思います。
それは講談「赤垣源蔵徳利の別れ」が有名だからですね。

 

講談で語られた彼の名前が「赤垣源蔵」だったので、
その名前が人口に膾炙してしまいました。

 

もちろん私はその講談を聞いたことはないのですが、
いつの間にか「赤垣源蔵」という名前は覚えてしまっています。

 

でも、本当の名前は「赤垣源蔵」ではなくて
「赤埴源蔵(あかばね げんぞう)」なのです。

 

 

 

「赤埴源蔵」が「赤垣源蔵」と間違われた理由

「赤埴源蔵」が「赤垣源蔵」と
間違われるようになった理由としては、

 

「あかばね(赤埴)」の「埴」という字が珍しいことと
崩し字で書いてある「埴」の字を「垣」と間違えてしまった
ことによるのではないだろうか、

 

と中央義士会の中島理事長はおっしゃっています。

 

ねっ?
だから「ニセモノ」!

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください