虫食い葉っぱの白椿

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_51536863b4556

 

 

虫食いの椿の葉 

白い椿の切り花を買いました。

 

珍しく葉っぱがすごい虫食いで
葉っぱにボコボコと穴が開いています。

 

そういえば、京友禅は草花を美しく描くのに対して、
加賀友禅は写実を重んじているなどともいわれていますね。

 

その例として、葉っぱの虫食いまでそのまま図案として
描きこんでいることがよく例としてあげられます。

 

もちろん、京友禅と加賀友禅の違いはそれだけではないようですが。
私は、まず一瞬で思うことは色の感じでしょうか。

 

もうお亡くなりになったNHK交響楽団の終身指揮者の
岩城宏之さんが音楽監督をつとめるオーケストラ・
アンサンブル金沢の演奏を聴きに金沢に行ったことがあります。

 

ステージには、岩城宏之さんの奥様でもあるピアニストの
木村かをりさんも出演していらっしゃいましたが、彼女をはじめ
全ての女性のステージ衣装は加賀友禅で作られたスカートでした。

 

随分前のことですので、現在もそうかはわかりませんが……。

 

この虫食いの葉っぱ、本来はすぐ捨ててしまうものなのでしょう。

 

ですが私は、この形もなんとなく美しく、捨てがたい気がして
こんなふうにボウルに浮かべて、しばらく楽しんでみました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す