2月の柿

「あぷりのお茶会」へようこそ!
blog_import_51536868a5804

 

何の変哲もない柿ですが、真冬の2月に売っているというのが
ちょっと驚きます。

 

秋の柿の季節が終わる頃に、こんなふうに一つ一つビニールの
袋入りになって(多分、長持ちをさせるためなのでしょう)
売っていますね。

 

でも私の記憶では、それも年末位までだったような気が……。
大晦日に、私はこの柿をいくつか買うのが常でした。

 

ところが今年は、年が明けても、そして1月が終わっても、
まだまだこの柿にお目にかかります。

 

何らかの技術が進歩したということなのでしょうか?
外見の包装自体は変わっているとは思えませんが。

 

でも、やはりこのような柿は、必死に長持ちさせている、
という味になってしまうのは否めませんね。
といいつつ、それでもやっぱり買ってしまいます。




スポンサードリンク



コメントを残す