「贋物古伊万里サイト」 「本物」「ニセモノ」9

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

ニセ古伊万里のサイト

ニセモノの古伊万里を撲滅しようという目的で作られている
おもしろいサイト「贋物古伊万里」を見つけました。

 

ここでいう「おもしろい」という意味は、興味深いという
意味と同時に、おかしい、笑っちゃうという意味でも
あります(かなり笑えますよ)。

 

詳しくは皆さんがご自身で御覧になっていただく
こととして、ここでは一つだけ紹介してみましょう。

 

 

nisekoimaritizu

 

 

 

古伊万里の角皿の裏に書かれている文字は……

古伊万里の角皿の写真が載っています。
日本地図を描いた染付のようで、日本の
周りは青海波模様が描かれています。

 

その下には、このお皿の裏側の写真も載せられて
いるのですが、そこにはこう書いてあります。
「古伊万里地図皿  天保年製 」

 

(全然、関係のない話で恐縮ですが、これを見るたびに
私はつい左から読んでしまい、しかも「皿」という字が
いつも「JR」に見えてしまうのですが……)

 

 

nisekoimari

 

 

 

わかった?

ということなのですが、当然わかりましたよね?
実は、私は一瞬わかりませんでした。(←!!!)

 

「偽古伊万里」のサイトのこれに関して
のコメントが傑作なのです。
こんな風に書かれています。

 

「これぞ本物の古伊万里。
書いてあるから間違いない!!
みんな書いてくれれば贋物を掴むことも無いのだが……」と。

 

 

 

「古」伊万里!

う〜っ、皮肉がきつくて面白いですね。
そうです、問題は「古伊万里」という言葉。

 

古代ギリシャ人が暮らしていた当時、彼等が自らを指して
「われわれ古代ギリシャ人云々……」
と言うようなものですからね。

 

今、私たちが「古伊万里」と呼ぶお皿が作られた当時は
当然のことながら「古伊万里」とは呼ばれていなかったはず。

 

 

 

酒井田柿右衛門の「猫」?!

このサイトには、他にも色々おもしろいものが出ています。
特に、酒井田柿右衛門の「猫」が登場していますが
「柿右衛門の猫」なんてありえないですよね。

 

こんな猫や、

 

 

kakiemonneko-224x299

 

 

こんな猫。

 

 

nisekoimarineko

 

 

しかし、このニセモノ酒井田柿右衛門の「猫ズ」ですが
作った人々は、このニセモノを「真面目」に
作っていたのでしょうか?

 

ニセモノ作りとはいえ仕事であるわけですので
そこはそれ、ニセモノの柿右衛門の猫を
「真面目」に作っていたようにも思えます。

 

となりますと、この超ニセモノ酒井田柿右衛門の猫ズを
真剣に作っている場面とは、それはそれでシュールと
いいますかなんといいますか……、笑っちゃいますね。

 

それにどうせ作るならば、いくらニセモノとはいえ
もう少し本物っぽいものの方がいいと思うんですが……。
っていう問題ではありませんが。

 

酒井田柿右衛門の猫ズもすごいですが、
うさぎもすごいですよ。

 

ロップイヤーラビットはこんなふうな模様も
ありっちゃありですが、古伊万里が作られた頃の
日本には、どう考えてもいなかったよねぇ。

 

 

nisekoimariusagi

 

 

 

ニセ古伊万里に描かれた動物の目! 

そしてちょっとだけ、まじめにニセ古伊万里の
見分け方を紹介してみましょう。

 

上記のサイトには「腐った伊万里は目でわかる」
とあるニセ古伊万里に描かれた生き物の目のことです。

 

 

nisekoimaritorinisekoimaritorime nisekoimariusagime

 

 

ふ〜む、確かに、目がヘンです。
ぼけているといいますか、うつろといいますか。
ピッシッ、と目が決まっていませんね。

 

人形も古伊万里も、「目が命」。
もっとも、このニセ古伊万里の模様は、
ヘンなのは目だけではありませんが。

 

2枚目の鳥の姿も全体的におかしいですよね。
不自然でカクッ、カクッと音がしそう。

 

 

偽古伊万里のお皿 鳥のポーズも目も変ですね

 

 

また3枚目のうさぎは、耳の長さは誇張としても
後ろ足やお尻関係がまったくなっとらんです、
と多くのうさぎ飼いさんは思っていることでしょう。

 

うさぎのお尻って可愛いんですよ、超キュートなの。
私の友達はまるでオムツをしている赤ちゃんのようだ
ということで「オムッチー」と呼んでいたほどです。

 

このニセ古伊万里のうさぎさんはオムッチー部分の
描き方がおざなりで、シッポときたらまるで切られて
しまったかのような不安定な形をしています。

 

 

 

 

その上、後ろのうさぎさんときたら、これはもう
到底うさぎとはいえないシロモノで、イタチか
アシカからっこかカワウソかというヒドさ。

 

うさぎさんはかなり普通にいる動物です。
たとえニセモノをつくるにしても、モデルが身近にいる
のですから、もう少し精進してまともなものを描いてほしい。

 

(ってまたまた方向が違ってきているような……、
ニセモノ作っちゃいかんだろがってことです)

 

 

 

コメントが秀逸! 

この「偽物古伊万里」のサイトは
写真につけられているコメントが傑作なもの
が多いのですが、極めつけはこれでしょう。

 

ニセモノのゾウの水差し(?)とおぼしきもの
写真が載せられているのですが、そのすぐ下には
緑色のゾウさんのジョウロの写真が添えられています。
こんな風にね。

 

 

nisekoimarizouzoujouro

 

 

「偽物古伊万里」のサイトで
この2つの写真についているコメントは……。
「下がオリジナル」。(!!)

 

サイコーですね!

 




スポンサードリンク



コメントを残す