空飛ぶイカ(!)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_51536886dac2a-251x300          (写真/北海道新聞

 

 

ツイッターから……

今日のツイッターは、保坂展人さんのもの。

 

保坂展人さんは高校生で内申書裁判の原告となり
教育ジャーナリスト・社民党衆議院議員等を経て
現在は世田谷区長です。

 

ツイッタ―上で「空飛ぶイカ」という言葉を見て
まず思ったのは、

 

「大昔,イカは空を飛んでいたのかな?」
ということでしたが違いました。
現代のことだったんですね。

 

 

 

イカの空中滑走

北大大学院水産科学研究院(函館)の村松康太さんらの
研究グループが,イカの空中滑走の様子を連続撮影し、
イカの飛行の詳細な仕組みを世界で初めて解析したそうです。

 

村松さんは2011年7月、東京の東約600キロ沖を航海中に
偶然、100匹近いイカの群れが水面から飛び出す場面に
遭遇して、その様子を撮影。

 

 

 

2月8日の北海道新聞より

「海中から飛び出たイカは、外とう膜に吸い込んだ海水を漏斗と
呼ばれる部位から噴出。
推進力を発生させて速度を上げ、さらにヒレと腕の保護膜を翼の
ように広げて、滑空する揚力を生みだしていることがわかった。
イカは全長約20センチのアカイカまたはトビイカとみられ、
『飛行時間』は少なくとも3秒以上。
移動距離は30メートルほどに達したという。」

 

 

これって常識なの?

ひえっ~!という感じなのですが、一つ疑問がわきました。

 

イカは「つちのこ」などと違って、かなりどこにでもいるものだと
思うのですが、なぜ今まで知られていなかったのでしょうね?

 

それとも、私以外の人は知っていたの……!?

 




スポンサードリンク



コメントを残す