お肉嫌いの小学生だった私が編み出した華麗な(?)技

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
121022hueg

 

 

お肉を食べられない小学生

昨日の豚肉バラ肉は小学生以来と書きましたが、
その最後に食べた時のことを……。

 

私は小さい頃から、お肉の脂肪分、
白っぽい脂身が食べられませんでした。

 

揚げ物も、油分たっぷりのお菓子も大好きで
オイル自体が嫌いなのではありませんが。

 

 

 

熟練の技

小学校の給食では、出されたものを残すことは
許されていなかったので、苦肉の策として
私は技を編み出しました。

 

それは、食べることのできないお肉を、一度口の中に
入れた後、何気なく口をティッシュで拭く振りをしながら
包んでしまう、というものです。

 

この技は、食べることのできないお肉が
給食で出るたびに繰り返されました。

 

給食を食べ始める時は、まずスプーンでお肉の状態をチェックし
怪しいもの(!)がないことを確認してから口に運ぶのが常です。

 

 

 

弘法も筆の誤り(?)

ところがある時のことです。
カレーかシチュ―に入っていたそれに
気づかなかったことがあったのです。

 

口の中に既にそれが存在しいることに
気づいた私は、ちょっとしたパニック。

 

机の中に手を入れて、ノートとおぼしき紙を
ビリッと破ってティッシュ代わりにしました。

 

そうして一難が、去りました。

 

 

121022hue

 

 

 

サルが木から落ちた

しかし、もう一難が私を待っていたのです。

 

破いたのはノートではなく国語の教科書であり、しかも既に
授業を終えた部分ではなく、これから学ぶところだったのです。

 

忘れもしません。
そのページは、横笛を吹いている牛若丸のような
服装をした男の子と、その笛の音につられてキノコたちが
歩いている、とても可愛い挿絵がついているページでした。

 

 

 

牛若丸のような男の子についていくキノコ

そしてそのしばらく後に、当然のことながら
そこを授業でとりあげることになりました。

 

私はハラハラドキドキの連続でした。
先生に、読むように指名されないことを
ひたすら念じていたのです。

 

もし読むように指名されたとしたら
「ページがないので読むことができません」
と答えるしかありませんから。

 

「なぜ、ページがないのか?」を先生に問われたら……。
私は小学校の国語の教科書で、なぜか挿絵を覚えているのは
途中から私の教科書にはなくなってしまったこの挿絵だけです。

 

今は給食がなくて、嬉しいなぁ。

 




スポンサードリンク



6 thoughts on “お肉嫌いの小学生だった私が編み出した華麗な(?)技

  1. SECRET: 0
    PASS:
    動物性のものは体が受け付けないのかと思いました~!し好の問題でしたか!
    でも、脂身は好みが別れると思います。
    先日、アメリカで初めてステーキを食べたのですよ。
    プライムリブってメニューに書いてあって、なんだか良く分からずに注文したのですが(おいっ)、出てきたら普通にステーキで(笑)
    しかもゴロゴロした大きい脂身がついてて、私もさすがにそれは残しましたね!
    そもそも、私もステーキ自体は好きではない方で、日本でも滅多に食べなかったです。(だからプライムリブとか言われても全くわからんかった。笑)
    しかししかし!
    そんな小技を駆使していたとは!(笑)
    昔の給食のあり方って本当にその通りでしたよね。
    私も以前書きましたが、私の場合は食べるのが遅すぎて居残り給食。ある日、見かねた友達が、わざと食べるのを遅くして私と一緒に給食を居残ってくれて、どうやれば早く食べられるかと伝授してくれようとしました(笑)
    今は給食で居残りなんてのもさせないでしょうしね~
    教科書のイラスト、想像するに凄く可愛いのですが!(笑)
    当たらなくて良かった!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    うっそ~!
    最近なの?、アメリカでステーキ食べたのって。。。
    お肉は好きでもステーキは好きじゃないんだね。
    じゃあ、何のお肉料理が好きなの?
    あちらにも書いたけど、鴨ナントカが食べたいといっていたことがあったので、ああいうお肉が好きなのかと思っていた。
    脂身ギトギトはさすがに万人向きではないと思うけど、高級なステーキやしゃぶしゃぶ用って、脂身が入っていないとダメなんでしょ?
    よく神戸牛とか松坂牛などというお肉は、ビールを飲ませてマッサージして(いや、ビールでマッサージをするんだっけ?、よくわからんです)、きれいに霜降りにしたお肉がよいみたいだし。。。まあ、私には全くわからん世界ですが。
    ぐふふっ、でしょ? こしゃくにも。。。
    だって、食べられるはずないもの。
    「飲む」というテクニックもありだと思うけど、あの大きさのものが出るたびに飲むのもなんですし、噛んで味わわなかったとしても、あのようなものを喉に通したくないし。。。でね。
    みぎぃさんのブログを読んで、あの時なるほどと思った。
    スリムな秘訣はこれかってね(ポンポン系も関係しているでしょうが)。
    とにかくゆっくり噛んで食べることがダイエットへの近道だもの。
    でも、お友だちやさしい~!
    かわいいね、合わせてくれて伝授までとは!
    教科書のイラスト、かっわいいんだよ~
    他の挿絵ってちょっと思い出せないけど、この絵は、破ってしまった云々ということがなくてもきっと覚えていたと思うほどの可愛さだった。
    だいたいあの時代の装束って好きさ。
    このブログを書いているときは思っていなかったんだけど、これって「魔笛」だよね? そしてキノコだよ。。。あさって、着くって。。。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >しのぶっちさん
    そうなんですよ、つい先日です、初めてこっちでステーキ食べたの(笑)
    とはいえ、アメリカで牛肉は狂牛病怖いな~と、そういう理由でもずっと食べなかったです。(全米ビーフ協会?が権力持ってて絶対狂牛病が出ても報道されないだろうと思って。へへ)
    私は一番好きなのはチキンです!
    から揚げとか大好きです!
    鴨南蛮も大好きです。ふふふふふ
    そういや霜降りで思い出したのですが…
    大学の友達、貧乏な教会出身の子で、子供の頃は家計的な理由でお肉を食べさせてもらえなかったそうな。
    見るに見かねた伯母さんが、たまに高級寿司をごちそうしてくれたそうで、その中に上トロが入ってて、小学生の頃の彼はもぅ、ほんっとに涙出る程感激したそうです(笑)
    でもって、毎朝、病気のおばあちゃんは「オートミール」を食べていたそうなのですが、箱に書いてあるミールの文字をミートと空目していた彼は、長年おばあちゃんを恨んでいたそうです…(泪目)
    朝っぱらから一人で肉食べやがってと…(泪目)
    その反動で、就職活動している頃によく言ってたのは「俺は絶対もう貧乏はイヤだ。金持ちになってやる!」でした(笑)
    さすがにお肉が一口大でも飲み込めないですもんね。
    小さいしのぶさんの頑張りようが目に浮かぶよぉ~!
    しかし昔の給食は本当に厳しかったぁ…
    私はまぁ普通に牛乳は辛かったです、多くの子供がそうだったと思いますが。
    ん!?いやいや!腹回りが大変な事に!!
    咀嚼回数関係ないんじゃないかと(汗)
    お友達、しかも三人も!私に一生懸命教えてくれました~!
    !!!
    キノコ…!!キノコ、私も楽しみでしょうがないよ~!!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    「全米ビーフ協会」!!……すっごいですなぁ。
    ついでに「全米ライフル協会(銃協会?)」なんていうのも権力もりもりそうな響き。
    チキンちゃんか……カワイイ。
    そういえば神田のやぶの火事、例の如くみぎぃさんのツイートで知ったしのぶっちです。
    「ミール」と「ミート」を間違えたなんて、そのあまりに激しい勘違いぶりがおかしい。。。
    「オートミール」じゃなくて「オールミート」とか。
    オートミールの入っている箱に、ミートが入っているって、考えちゃったのがすごいね。
    乾燥ミートとでも思ったんだろうか。。。
    その頃は、お肉ってやっぱりちょっと高かったのかな?
    だって今は、お肉は結構安いものもあるよね。
    ただ、品質はちょっと恐いという気もするけど……。
    現在、彼は大金持ちになって、お肉を毎日食べられるようになっているといいね。
    今はまだ若くてお肉ワシワシかもしれないけど、あと10年か20年位経った後に、
    「やっぱり、人間って子どもの時に食べていたものにかえるっていうけど、ホントだね」
    とかいいながら、メザシなんぞを食していたりして……ネ。
    そうそう、お肉よりも牛乳!
    これは毎日ですものね。
    これもいやだったよ~
    これこそ「飲んで」いたけど、一気だったね。
    しかも、小学校だけではなく中学もあったんだよ~
    中学校は給食はなかったんだけど、なぜか牛乳だけ1本あるの。
    チーズやヨーグルトの乳製品は大好きだけど、牛乳は……ね。
    いや~、今はしあわせ~
    お友だち一人ではなくて、三人もだった!
    やっぱり人徳、人徳。
    でも、習得不可だったわけだね、まあ,習得しない方がよかったけど。
    ぷろっぷ家のマッシュルーム、大豊作で驚き!
    しかし例のこと、知らなかった、最初に言ってほしかったよぅ……
    白いニョロニョロって何のことなのかな。
    でも、楽しみだからいいのだ。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >しのぶっちさん
    なにやらここに居座ってすみません(汗)
    アメリカって、かなり権力を持ってる協会がいくつかありますね(笑)
    そうそう、ライフル協会なんてその最もたるものかと!
    かんだのやぶ~!もぅ、本当に残念です…!
    その彼、もぅ、箱に入った肉がオカシイとかそういうレベルを超えて飢えていたんでしょうな(笑)
    しかも!お兄さんお姉さんが三人もいて、彼入れて四人兄弟。7人家族という大所帯だったので、お肉をもし買ったとしても育ち盛りの子供達全員が足りる程の量を買うとなると……もぅ、元からない方が幸せ、的な感じだったのかと思います(笑)
    彼は、結局卒業してからはCM制作会社に就職して、私が最後に会った時には小金持にはなってました(笑)
    あはははっは!!!
    子供の頃に食べていたものに戻る!!(笑)
    牛乳、苦行でしたよねぇ…
    中学、うちは完全に100%給食でした(泪目)
    しかし、子供とは単純なもので、それまでミルクティーすら飲まなかった私が、当時ファンになったイギリスのミュージシャンの好きな飲み物=ミルクティー、というインタビューを読んで、翌日から自分も好きな飲み物=ミルクティーになってました(笑)
    うわ!ごめんなさい!!
    いやね、これまでコバエが出ますよとは説明書には書いてあったの知ってたけど、もぅ本当にキノコが終わった頃に出てきてたので、実際にニョロニョロ(ハエになるまえの子供達…)を見る事もなかったんです。
    今回が初めてです、リアルで見てしまったの。
    でも、普通に収穫して食べてます。虫をムシしてでもやっぱりきのこが自分で育てられる喜びには変えられん!
    です。ふへへ

  6. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    いやいや、こんなむさ苦しいところに居て下さるとは、感謝感激です!
    かんだのやぶね、ツイートで「全焼だったら泣く」ってあって、あわててググったのだよ。
    そしたら……ああ……。
    「レベルを超えた飢え」って、ぐふふっ。
    そうか、オートミール君、コガネムシ君になっていたんだ、めでたい、めでたい。
    もしかしたら、今はもうチュウガネムシかオオガネムシにバージョンアップかもよ!
    きゃわいい、ミルクティー!
    でもみぎぃさんは中学から高校まで私立の女子校でしょ?
    それって、お洒落でハイソな感じプンプン。
    私は大学は私立だったけど、いかにも「学食」という場所だった。
    みぎぃさんは「ビバリーヒルズ高校白書」とかのイメージのランチっぽい☆
    前に名古屋の女子大(高校も一諸にある)に行ったことがあるけど、とてもお洒落だったよ、少なくとも私の学校よりは遥かにね。
    今日、来たまみ~
    しのぶっちの「きのこっち」、じゃなくてキノコップ!
    う~ん、なかなかです(←何が!)。
    うわ~っ、こちらこそごめんなさいまみ!!
    あれ、冗談で意地悪いったんだよぉ~
    虫なんて、こわくないよぉ~
    ただ(ここで素に戻る)、あのかわゆいマッシュちゃんが馬◯の上に出来るとは、知らなかった!
    そうなんだね。
    人は見かけによらないんだね~
    23度以上にならない場所において下さいって書いてあったけど、それはへーきだよ、うち寒いもん(ハハハッ。。)。
    サッシのすきま風が寒すぎて体壊しそうだもん。
    でも、キノコップにはいいかも。
    写真で、成功例、というかこんな風になりますイメージが、マッシュ3つか4つなの……。
    あの大きさなんだから当然だけど。
    ぷろっぷ家は、すっごいよね~
    画伯お手製のナントカカントカはそのうち登場するのかな?、楽しみ~

コメントを残す