港区歴史フォーラム「忠臣蔵」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_515368a901735

 

 

「港区歴史フォーラム」

港区歴史フォーラムの「忠臣蔵」に行ってきました。
主催は港区で、共催が港区観光協会と東京新聞です。

 

財団法人中央義士会理事長、中島康夫さんのお話や、
歌舞伎俳優の市川春猿さんのトークなどがありました。

 

市川春猿さんが、歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」には、
他の演目にはない色々な決まりごとがあるということを
教えてくれました。

 

 

 

他の演目にはない決まり事

例えば、ある場面では、客席からは見えない場所に
侍姿の人がたくさん控えているということなどを……。

 

この侍姿の人たちというのは、お客さんには
全く見えないのですが、きちんと衣装を整えているそうです。
不思議ですね。

 

 

 

拍子木の打ち方

観客にもわかることとしては、幕があがる前の拍子木の
打ち方の違いがあるということなどを話してくれました。

 

普通の拍子木の打ち方といいますと、

 

A「◯  ◯  ◯  ◯ ……」
B「 ◯  ◯   ◯  ◯ ◯◯◯◯……」

 

というように、Aのように拍子木を等間隔に打ったあとに
Bが続きます。

 

しかしこれが「仮名手本忠臣蔵」の場合ですと

 

Aの等間隔部がかなり長いです。
47回も打つそうです。

 

そして後に、

 

B「 ◯  ◯   ◯  ◯ ◯◯◯◯……」

 

となるようです。
(下手な説明で、通じるでしょうか?)

 

おもしろいですね。
今度「仮名手本忠臣蔵」を見る機会があったら
是非確かめてみたいと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す