源氏香がデザインされたブランコ「檜町公園」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

120927buranko

 

 

檜町公園のブランコは「FUJIN かぜのかみさま」

今日は、昨日の檜町公園の遊具「ジャングルジム・ブランコ」
の続きでブランコの御紹介です。
名前は、「FUJIN かぜのかみさま」。

 

このブランコ全体の形を御覧になって、
「?……」とお思いになりませんでしたか?
何かの形に似ていませんか?

 

そうです、これは源氏香をかたどったものなのです。
少し前に「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」でも
「源氏香」を紹介しましたね。

 

 

utusemi

 

 

 

源氏香

お香の席に、5つの香りが順番にまわってきて
その香りを当てるケームのようなお香です。

 

5回まわって来るお香に使われるのは5つの香木。

 

その香りが全部違うの香りなのか、2つ同じ香りがあったのか、
3つ、4つ同じなのか、あるいは全部が同じ香りだったのかを
当てるのです。

 

その5つの香りを、縦の5本線であらわして、
同じだと思った香りを、上で横線でつなぎます。

 

 

 

同じだと思う香りを横線で繋ぐ

下の源氏香の一番左は、全部が違う香りの場合。
ですから、上部の横でつないである線はありません。

 

 

blog_import_515368cbe2a96-1

 

 

左から2番目の源氏香は、1番目と2番目が同じ香りで
あとの3〜5は、全て別の香りということです。

 

次の源氏香は、2番目と3番目が同じで、あとは全違う香りですね。
そして一番右は、1番目と2番目が同じ香り、
3番目と4番目も同じということになります。

 

 

 

源氏香をブランコに

このような源氏香をモチーフとして
ブランコのデザインとするなんて、本当におしゃれですね。

 

ただし、御覧になってお分かりのように
実際の源氏香のかたちそのものではありません。

 

2つの源氏香が組み合わされているかのような
オリジナルのデザインではありますが。

 

 

130313tamuke

 

 

東京ミッドダウンの基本理念である『Japan Value』を踏まえて、
日本の伝統文化である「見立て」「遊び」「尽くし」
などの美意識に基づき造形上のモチーフとして
日本古来から伝わる『文様』をとりあげたそうです。
「高須賀昌志」HPから)

 

 

 

前から思っていたのですが……

実はこのブランコ、私はずっと前から
源氏香に似ているなぁと思っていたのです。

 

ですが私は、スーパーの袋の上部を結んだものでさえ、
うさぎの耳に見えてしまう人間でもあります。

 

初めて見たものを、今までに自分が知っていた何かの形と
似ていると、思い込んでしまうことってありますよね。
ですから当然これも、その類いではないかと思っていたのです。

 

 

 

本当に源氏香でした!

ところが去年、このブランコが源氏香の形に似ているのではなく
本当に源氏香の形をブランコにデザインしたものだと知りました。

 

えっ、やっぱりそうだったんだ。
このブランコ、源氏香だったんだ!
と、その日は一日中、何となく嬉しくて嬉しくて……(?)

 

今月、2013年の3月ははからずも
お香の話が続いてしまいましたね。

 

お香の席では、最後にこんな言葉をいいます。
私の大好きな言葉なのですが、その言葉で3月の
お香月をしめることにいたしましょう。

 

「香、満ちました」

 

 

130317oanosakura2

 




スポンサードリンク



コメントを残す