バロック「ジャン=ポール・エヴァン」 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130228baro

 

 

「バロック」

ジャン=ポール・エヴァンでは現在、〈 ルネサンス~原点回帰~ 〉
ということで 2002から2012年の歴代のケーキ
(ビュッシュ・9種)を期間限定で紹介しています。

 

以前、「昨日・今日・明日」というケーキを御覧いただきましたが
そのケーキも、〈ルネサンス〜原点回帰〜〉のうちの一つ。

 

今日のケーキは、2005年の「ビュッシュ ド ノエル」。
ジャン=ポール・エヴァンでは珍しい白っぽいケーキです。

 

ブラウンが基調、というよりはほぼブラウン、チョコレート色の
ケーキしか私は見たことはありませんでした。

 

このジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN )のケーキの
美しいこと、繊細なこと……!

 

 

130228bar

 

 

 

私が出会った一番美しいケーキ

1枚目の写真ではよくおわかりにならないと
思いますので、斜めからの写真も。

 

例の如く私の写真の問題で、ジャン=ポール・エヴァンの
微妙な色遣いを写しとることができていないのが本当に
残念ですが、溜め息のでるほど美しいケーキです。

 

もしかしたら私が出会ったケーキの中で
一番美しいケーキかもしれません。

 

 

 

この色は「あぷり」の色

そしてこれを書いているたった今、思ったのですが……。
このジャンポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN )の
ケーキは、私にとっては「あぷりしゅがぁ」の色でした。

 

(「あぷりしゅがぁ」はもういなくなってしまった
私の宝物、ロップイヤーのうさぎです)

 

カシスのジュレとキャラメルを包み込んだムースショコレが
酸味と甘さの絶妙なハーモ二ィを奏でています。

 

このケーキの名前は、本来は「ゆがんだ真珠」を意味する
言葉である「バロック」。

 

 

130228barokuw

 




スポンサードリンク



コメントを残す