桜しぐれ「笹屋伊織」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130426sakurasigureiori

 

 

春だけの限定商品

京都の「笹屋伊織」の桜しぐれです。

 

まわりはほんのりと黄緑色。
これは玉子のしぐれだそうです。
ちょっとポソポソしていました。

 

しぐれだから当然といえば当然なのですが。
このお菓子は一見,上生菓子にも見えますが
日持ちのする生菓子。

 

このしぐれを最初、口に含んだ時にボソボソ感が
多かったので、ちょっと日を置きすぎてしまったかな?
と思ったほどでした。

 

ですがそういうことではなく
本来がそのようなお菓子です。

 

 

130426sajyrasugyre2

 

 

 

中は桜色のあん

その黄緑色の玉子のしぐれの中には
こんな風なやさしい桜色の餡が入っています。

 

この桜餡、色だけではなく
もちろん、かおりも桜です。

 

こちらのお菓子に限りませんが「桜餡」の
桜色は、食紅等で色をつけたものですね。

 

香りと味で「桜」を感じさせる桜あんは
塩漬けの葉っぱ、および花びらが入っているようです。

 

 

130426sakurasigure

 

 

初めて頂いた京都の「笹屋伊織」のお菓子。
ちょっと期待の方が大きすぎたかな
という気もします。

 

やはりこの手の日保ちがするお菓子は、便利では
ありますが、本当のそのお店の美味しさを味わう
には、最適とは言えないかもしれませんね。

 

「笹屋伊織」の他のお菓子に
期待したいと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す