パパイヤ(缶詰)「コルドンヴェール株式会社」 やまや青山1丁目店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130506papaiya

 

 

「パパイヤ」の缶詰、初購入

パパイヤの缶詰を青山一丁目の「やまや」で買いました。

 

缶詰に書いてあるものをそのまま書きますと
「エキゾチックフード/パパイヤ
パパイヤ シラップづけ(ライト)」
ということ。

 

「シロップづけ」ではなくて「シラップづけ」ね。

 

「(ライト)」というのは、パパイヤの漬け汁が
「あま〜いシロップではなくて、薄めのあっさりしたもの
ですよ」という意味なのでしょうか?

 

原材料名は、パパイヤと砂糖、クエン酸となっています。
パパイヤの固形量のみが340グラムで、シロップも含む全内容量
は565グラムというボリュームのあるもの。

 

 

130522papaiya                   生のパパイヤ

 

 

 

1つでも存在感のある重さ

このパパイヤの缶詰一つで
帰りの荷物がグッと重くなりました。

 

私は普通は「やまや」の赤坂店に行くのですが
赤坂図書館へ行った時には、近くにある
「やまや」青山一著目店にも寄ります。

 

ですから「本+どでかパパイヤ缶詰」ということで
ちょっと泣きそうではありましたが。

 

 

 

フルーツ缶詰は苦手なのですが

原産国はタイ。
コルドンヴェール株式会社が輸入しています。

 

写真でもおわかりのように、大きめの
さいの目切りのパパイヤ、がごろごろ
という感じで缶詰の中に入っています。

 

お味は「生のパパイヤのようにおいしくてデリシャス!」と
いうわけにはいきません。

 

何しろ缶詰ですから。
当然、缶詰の匂いがします。

 

私は小さい頃からこの匂いがダメで
缶詰のフルーツはほとんど自分では買ったことがありません。

 

 

blog_import_515361990e2ad

 

 

 

コスパは悪くない

では何故このパパイヤの缶詰を買ったのかといえば
最近は,ブログの写真にどうかな
ということを考えるようになってしまいまして……。

 

これって、いいことなのでしょうか
はたまたよろしくないことなのでしょうか?

 

というわけで多分、生涯で2度目か3度目に買った
フルーツの缶詰です。

 

と、話がそれてしまいましたが
このコルドンヴェールのパパイヤの缶詰
コストパフォーマンスは悪くないと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す